THE NORTH FACE

【BLOG PORTAL TOP】 > 【THE NORTH FACE】 > 【GRAVITY HAKUBA】

2015.10.30 14:55

photoView

アスリートがアスリートの為に開発した、THE NORTH FACEのシンボルとも言うべき最上級コレクション「SUMMIT Series」が、リニューアルしました。


過酷な山岳環境下でテストを繰り返し、そのフィードバックを基に誕生したコレクションですが、
この「SUMMIT Series」の理念を実現するためコンラッド・アンカーを中心とするTHE
NORTH FACEのアスリートチームが辿り着いたシンプル且つ的確な回答は「冬の高山活動で遭遇するあらゆる条件下で有効に機能する、
6つの層が必要である」というものでした。

L1からL6と名付けられた6層のウエアリングユニットは、THE NORTH FACE独自の「FUSEFORMテクノロジー」により、
部位毎の特性に沿ってデザインされた素材を使用。不要な切替や縫製を排したミニマルな製品設計でありながら、6層ユニットにおける機能の最大化を実現しています。



最新テクノロジーとイノベーションによりさらにパワーアップした「SUMMIT Series」は、11/3(火・祝)より発売します。日本では、
THE NORTH FACE原宿店、
THE NORTH FACE STANDARD二子玉川店、
THE NORTH FACE GRAVITY白馬店、
THE NORTH FACE+札幌ファクトリー店、
THE NORTH FACE 3 (march)、
THE NORTH FACE アウトドアヴィレッジ昭島店のみ。
ウィメンズは、札幌ファクトリー店とアウトドアヴィレッジ昭島店、THE NORTH FACE 3 (march)の3店舗で展開します。




■THE NORTH FACE L1 Top & Pant
品番: NT51560
価格 16,000円+税
サイズ:S、M、L、XL (メンズサイズ)
カラー: M’S K(ブラック)、W'S KV(ブラック×ヴァポラスグレー)
素材:ナイロン67%、ポリエステル33%
詳細:身体の動きや部位毎に求められる保温性に沿って、伸縮性や厚みなど、異なる素材特性を一体成型したベースレイヤー。衣服内の温度と湿度を一定に調整するとともに、縫製箇所が少なく身体の動きを妨げない構造になっています。

■THE NORTH FACE L2 Jacket
品番: NT51561
価格 16,000円+税
サイズ:S、M、L、XL (メンズサイズ)
カラー: HG(ハイライズグレー)
素材:【身頃】ポリエステル84%、ポリウレタン16%
【ポケット裏地】ナイロン87%、ポリウレタン13%
詳細:伸縮性と通気性に富んだフリースミッドレイヤー(中間層)。Polartec社のHardface
テクノロジーを活かし単体着用も可能です。

■THE NORTH FACE L3 Jacket
品番: ND51562
価格 44,000円+税
サイズ:S、M、L、XL (メンズサイズ)
カラー: KA (ブラック×アスファルトグレー)
素材:
【表地】ポリエステル100%(コーティング等樹脂加工)
【中綿】ダウン75%、その他の羽毛25%
【裏地】ナイロン100%
詳細:800フィルパワーのダウンインサレーションによるミッドレイヤー(保温層)。部位毎に強度と重量を最適化されたFuseForm素材によるミニマルな縫製仕様とともに、デジタルプリントを用いる事で水の使用を抑えた染色工程、RDS(Responsible Down Standard)
ダウンの使用など環境へも配慮しています。

■THE NORTH FACE L4 Jacket
品番: NY51567
価格 38,000円+税
サイズ:S、M、L、XL (メンズサイズ)
カラー: K(ブラック)
素材:【裏地】ナイロン100%
【中わた】ポリエステル100%
【裏地】ナイロン100%
詳細:浸水や結露など「水濡れ」に強い合成繊維インサレーションによる(保温層)。弊社が独自に開発した粒状の断熱素材、ThermoBallTM は、新たにデザインされたキルト構造との組み合わせにより、より動
きが抑えられ安定する事で「コールド スポット」の発生を防いています。

■THE NORTH FACE L5 Jacket & Pant
品番: Jacket NP51565、Pant NP51566
価格: Jacket 75,000 円+税
Pant 56,000円+税
サイズ:S、M、L、XL (メンズサイズ)
カラー: KA(ブラック×アスファルトグレー)
素材:Jacket【身頃】ナイロン100%(コーティング等樹脂加工)
【ポケット裏部分】ナイロン87%、ポリウレタン13%
Pant ナイロン100%(コーティング等樹脂加工)
詳細:最新のFuseFormTM構造を採用した防水透湿3層アウターウェア。部位毎に求められる強度と激しい動きに対応した素材デザインを製品設計と一体化させる事により、重ね着をした山岳環境下でこれまでにない運動性を実現しています。

■THE NORTH FACE L6 Jacket
品番: ND51563
価格 62,500 円+税
サイズ:S、M、L、XL (メンズサイズ)
カラー: KA(ブラック×アスファルトグレー)
素材:【表地】ナイロン100%(コーティング等樹脂加工)
【中わた】ダウン75%、その他羽毛25%
【裏地】ナイロン100%
【袖口裏】ポリエステル90%、ポリウレタン10%
詳細:暖かさと耐久性を兼ね備えたビレイジャケット(最外層)。FuseFormTM構造によりザイルが当たる肩部分の強度を維持するとともに、圧着式Zバッフルにより800フィルパワーのRDS(Responsible Down Standard)ダウンを水濡れから守
り、コールドスポットを最小化しています。
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2015.10.21 19:24

10/23(fri)~11/23(mon)の期間中、
全国のTHE NORTH FACE直営店舗で対象のアウターとミドルレイヤーをセットでご購入いただいたお客様にもれなく、
オリジナル防水サックをプレゼントします。


photoView

レイヤリングにこだわると、山登りもキャンプも普段にも、様々な気候・用途に細かく対応できますよ。
また、ひとつのものを長い期間できれたり、着ぶくれも防げるんです。


photoView

photoView

photoView


この機会にぜひ山登りやウインタースポーツ好きGRAVITY白馬店スタッフのお勧めレイヤリングをお試しください。



対象品番
OUTER:
NP(W)61507/STARLIGTH JACKET・NP(W)11504/ALL MOUNTAIN JACKET・
NP(W)11503/CLIMBLIGTHJACKET・NP61508/CLIMB LIGTH PARKA・
NPW61508/CLIMB VERY LIGTH PARKA・NP(W)11505/CLIMB VERY LIGTH JACKET・
NP(W)11501/MOUNTAIN RAINTEX JACKET ・NP61514/ MAKALU JACKET・
NP61516/ NOVELTY MAKALU JK・NP(W)61540/ MOUNTAIN JACKET・
NP61545/ NV MOUNTAIN JK・
NP11543/ MT EXPLORER PK・
NP61513/ NV MT EXPLORER PK・NP(W)61520/ SCOOP JACKET・
NP(W)61525/ NOVELTY SCOOP JK・NP(W)61530/ DOT SHOT JACKET・
NP(W)61535/ NV DOT SHOT JK・
NPW61408/ HYVENT COAT・
NPJ11500/ MT RAINTEX JK・
NPJ61505/ MOUNTAIN JACKET・
NPJ61501/ SCOOP JACKET・
NPJ61511/ NV SCOOP JACKET・
NPJ11530/ DOT SHOT JACKET・
NPJ11531/ NV DOT SHOT JACKET

MID-LAYER:
ND(W)18174/ LIGHT HEAT JACKET・NY(W)81402/ THUNDER JACKET・
NY(W)81403/ THUNDER PULL・
NY81503/ REDPOINT LIGHT JK・
NY81513/ NV REDPOINT LT JK・
NA61201/ MOUNTAIN VERSA LOF・
NA(W)61401/ VERSA VENT JACKET・ND(W)91322/ ACONCAGUA JACKET
NA61206/ ZI VERSA MID JACKE・
NA61502/ SP VERSA LOFT JK・
NAW61501/ SP VERSA LOFT JK・
NYW81504/ REDPOINT LIGHT JK
NYW81514/ NV REDPOINT LT JK・NDW41404/ LIGHT HEAT CARDIG・
NAW61204/ ZI VERSA MID JACKE・ND(W)91322/ ACONCAGUA JACKET・
NYJ81503/ PRIMALOFT JACKET・
NYJ81553/ NV PRIMALOFT JACKET・
NDJ91502/ ACONCAGUA JACKET・NYJ81515/ RVS WIND JACKET・
NLJ71505/ ZI MICRO JACKET                        






■THE NORTH FACE GRAVITY HAKUBA
住所:〒399-9301 長野県北安曇郡白馬村大字北城5930-1
電話番号:0261-85-2855
営業時間:11:00~19:00(夏季/冬季変更予定)
Instagram:tnf_gravity_hakuba
twitter:tnf_gravity_hkb




Tags :
ソーシャルブックマーク:

2015.10.19 08:21

【THE NORTH FACEバックカントリーミーティング in 立山】

photoView


THE NORTH FACEライダーと山岳ガイドと一緒に、北アルプスの立山連峰でシーズン最初のバックカントリーを満喫しませんか。


旅行期間:2015年11月20日(金)~22日(日)2泊3日
旅行代金:34,800円-(山小屋2泊4日、山岳ガイド、インストラクター同行諸経費、保険料を含む)

参加予定ライダー:高久智基、豊田貢、佐々木明、清原勇太、下村基樹、中川伸也、ニール・ハートマン 他

そして前日19日にはTNF GRAVITY白馬店にて「CAR DANCHI9」上映・アスリートによるトークセッション・アスリートによる今期ウェアリングトークなどを行うTNFwintervibesを開催致します!
是非、白馬〜立山〜白馬のルーティーンでお楽しみ下さい。

※詳細日程やお申し込み方法などはTHE NORTH FACE公式ホームページ、または公式FACEBOOKをご確認ください。






■THE NORTH FACE GRAVITY HAKUBA
住所:〒399-9301 長野県北安曇郡白馬村大字北城5930-1
電話番号:0261-85-2855
営業時間:11:00~19:00(夏季/冬季変更予定)
Instagram:tnf_gravity_hakuba
twitter:tnf_gravity_hkb
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2015.10.18 17:27

ご好評いただいておりますクワフトのワークショップを開催致します。

photoView

今回は長野県産の木材の端材を使いコースターを作ります。
やすりがけなど簡単な作業ですのでお気軽に、またお子様と一緒の参加もオススメです!
※お子様のみのご参加はご遠慮下さい。

開催日:2015年10月31日(土)
時間:14:00〜16:00

定員:各12名(要予約)

材料に限りがございます。
定員に達し次第、受付終了とさせていただきます、ご了承下さい。

詳細は店頭スタッフにお尋ね下さい。






■THE NORTH FACE GRAVITY HAKUBA
住所:〒399-9301 長野県北安曇郡白馬村大字北城5930-1
電話番号:0261-85-2855
営業時間:11:00~19:00(夏季/冬季変更予定)
Instagram:tnf_gravity_hakuba
twitter:tnf_gravity_hkb
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2015.10.17 17:08

10月17日(土)
Naturescape series Trailrunning in Hakuba-KikoriTrail-開催致しました。


photoView

地震や雪の影響で所々崩落箇所があるとしているトレイルです。

しかし、先日TNFサポートアスリート大内直樹選手との下見で危険箇所を避けるルートを繋いだ結果、本来よりもトレイルランニングに適したシングルトラックの率の多いコースどりをすることができ、僕たちが選ぶ"ご案内したいトレイルNo1"になりました。


photoView

GRAVITY白馬からそのまま走ってアプローチできる。トレイルに入る前のアップにグッドな登り坂舗装路!


photoView

トレイルに入り、白馬三山はもちろん唐松五竜、鹿島槍まで見渡せるところまでは登り基調。


photoView

photoView

photoView

それからがきこりトレイルの美味しいところ、シングルトラック、ワインディング、バンク、フカフカ落ち葉に紅葉のおまけ付き!

熊の落し物もあり視界からさらっと流しましたが、あの人数の歓声に身を潜め聞いていたことでしょう。


photoView

途中、大内選手のクリニックを挟みながら充実のメニューとなりました。


photoView

最後はGRAVITY白馬2階café greensにて皆さんでティータイム。
心地よいひとときを過ごすことができました。



photoView


コースに関して、興味のある方はぜひ店頭スタッフまでお問い合わせ下さい!


今後のイベントに関してもお知らせしてまいります。
次回もご参加お待ちしております。




伊藤 勇介





■THE NORTH FACE GRAVITY HAKUBA
住所:〒399-9301 長野県北安曇郡白馬村大字北城5930-1
電話番号:0261-85-2855
営業時間:11:00~19:00(夏季/冬季変更予定)
Instagram:tnf_gravity_hakuba
twitter:tnf_gravity_hkb


Tags :
ソーシャルブックマーク:

2015.10.13 22:00

TNF GRAVITY Hakuba.
Trailrunning in Hakuba-KikoriTrail-

photoView

TNFサポートアスリート大内直樹選手とコースの下見をしてきました!
荒れている部分などを避けたら極上シングルトラック率が高くなりました。


photoView

photoView

快適なラインが引けたので、これは是非ご案内させて下さい!

レース直後で疲労しているはずの大内選手もテンション上がっちゃうフカフカトレイル紅葉付き。
お楽しみ下さい!


photoView

◯開催日:10月17日(土)
◯参加費:1,500円
◯集合場所:THE NORTH FACE GRAVITY Hakuba(駐車場有り)
8時30分集合〜13時到着解散(予定)
◯定員15名(中学生以上)
◯持ち物:行動食・飲み物・薄手ジャケット・パック(10L前後)・トレイルランニングシューズ



保険加入の必要がありますのでお申し込みはお早めに。
詳しくは店頭スタッフまでぜひお問い合わせください。




■THE NORTH FACE GRAVITY HAKUBA
住所:〒399-9301 長野県北安曇郡白馬村大字北城5930-1
電話番号:0261-85-2855
営業時間:11:00~19:00(夏季/冬季変更予定)
Instagram:tnf_gravity_hakuba
twitter:tnf_gravity_hkb




Tags :
ソーシャルブックマーク:

2015.10.07 15:27

9月26日、27日で五竜岳のツアーが開催されました。
五竜岳は百名山の1つで標高が2814mあり、後立山連峰に位置します。

行程は1泊2日でピストン
ルートは
とおみ駅―アルプス平―地蔵の頭―小遠見―白岳―五竜山荘―五竜岳

このルートは遠見尾根という長い尾根を歩いていきます。
名前の通り展望ポイントで遠くに五竜岳をはじめ色々な山が見ることが出来味わい深いルートです。
尾根と聞くと周りがすごく開けて景色がいいイメージがありますがこの遠見尾根は歩いていてもここが尾根だと感じさせないくらい周りは樹木で囲まれており、紅葉をより際立たせてくれました。

1日目
白馬村の天気は曇り。白馬岳の方を見ると雲がかかっている。
雨が降っていないだけ良かったとは思いながらも晴れているほうがいいに決まっています。
朝の7時に白馬店で参加者の皆さんと軽く挨拶を済ませ、とおみ駅へと向かう。
この時点では皆まだ緊張されていたようでした。

とおみ駅からゴンドラに乗り、さらに2人乗り用のリフトに乗りついで地蔵の頭に到着。
photoView
この時点で風も冷たく少し寒い。周りの展望もガスで見えない。

上に上がればもしかしたら雲海が広がっているかもしれないと思い準備運動を済ませ歩き始めます。

しばらく歩いて息も心地よく上がってきたところで小遠見に着く。
しかしガスで何も見えませんでした。
本来ならここでこれから登る五竜岳が見えるはずなのですが。。。

小休憩をして再び歩き始めます。
photoView
photoView
遠見尾根はアップダウンが多く、階段が多いため歩いていても非常に疲れます。
そうこうしているうちに雲の中を抜けて五竜岳が見えてきました。
photoView
ようやく見えた今回のツアーの目的地に参加者の皆さんも笑顔になります。
雲を抜けたのと同時に森林限界になり展望は良くなりますが道も険しくなってきます。

そしてようやく初日に泊まる五竜山荘が遠くに見えました。
photoView
途中鎖場を3か所越えて急登な登山道を登ると五竜山荘に着き、今日登ってきた尾根を振り返ります。
photoView
photoView

2日目
早朝5時に起床し準備を整え、6時過ぎに五竜に向けて出発。
気温は9℃、風速は4~5m体感温度は約5℃。
昨日までは雲海も見え、上部は晴れていましたが今日はガスで視界が悪い。登る分には問題ない程度だが、モチベーションには影響する。

道も昨日よりもさらに険しくなり、足場も不安定になっていきます。

頂上直下には岩場が5~6か所ほどあり皆慎重に登っていきます。
photoView
photoView
手と足を駆使して登ると五竜岳の手前のピークに出る。
そこから稜線沿いに5分ほど歩くと五竜岳に到着。
photoView
山頂付近はガスが多少晴れ、皆それぞれ思い思いに山頂での少ない時間を過ごされていました。
photoView
最後に記念撮影をして五竜岳を後に。。。
photoView

帰りも同じルートでとおみ駅まで下山します。
岩場も下りになると難しくなるためより慎重に下ります。
昨日通ってきた鎖場も何事も無く通過し、木々も生え樹林帯になってきます。
photoView
photoView
昨日よりもなんとなく紅葉が進んでいる気がしました。
photoView
下りの方が上から山の全体を見渡せるので昨日気づかなかった紅葉もあり、同じルートでも飽きさせてくれません。

時折ガスの間から晴れ間も見え、青空との紅葉もとても綺麗でした。
photoView
紅葉を眺めながら下っていると下山はあっという間に終わってしまいました。

今回のツアーでは北アルプスの山を初めて登るというお客様もいらっしゃり、それぞれ様々な思いを胸に参加して頂きました。
最初はお互い緊張されていましたが最後には楽しそうに会話されていたのが印象的です。
これもツアー登山の醍醐味ですね。
五竜岳も無事全員登頂出来て、紅葉と雄大な景色にとても感動されていました。
ツアーに同行させて頂いた僕自身も喜んでもらえて非常に嬉しく思います。
同行させていただくことになり1週間前にも下見に行きましたが紅葉は前回とはまた違う姿を見せてくれ終始飽きることなくツアーを終えることが出来ました。
それも今回参加して下さった皆様のお蔭だと私は思っています。

ご参加して頂きありがとうございました。

竹下恭平
Tags :
ソーシャルブックマーク:
LINK NEUTRALWORKS. SHOP LIST WEB STORE 会員特典 SNS