THE NORTH FACE

【BLOG PORTAL TOP】 > 【THE NORTH FACE】 > 【GRAVITY HAKUBA】

2016.01.21 17:38

【THE NORTH FACE GRAVITY PRESENTS WEEKEND HIGHLIFE IN HAKUBA】

photoView

日本有数の山岳エリア白馬で、THE NORTH FACE ライダーと過ごす濃密な3日間。
山のコンディションに合わせてゲレンデからバックカントリーまで自由な発想でライディングします。

雪山での素晴らしい時間を共に過ごしましょう。





開催日:2016年2月5日(金)~2月7日(日)2泊3日

開催地:白馬エリア

参加予定ライダー:高久 智基/ 舎川 朋弘

募集定員:10名(最少催行人員5名)

参加条件:ゲレンデを滑ることができるスキーヤー・スノーボーダー

参加費:¥30,240(税込)※ガイド料・保険料含む
※宿泊代金・現地までの交通費は含まれておりません
※ご宿泊予定が未定のお客様には「やまじゅう(http://yamajyuu.main.jp)」をご利用いただけます。お気軽にご相談ください。

必要装備:バックカントリー装備(ビーコン・ショベル・プローブ・バックパック)
歩行用具(ストック・スノーシュー・スキースキン)など
 
主催:COLOR SPORT CLUB  協力:POWDER COMPANY / GOLDWIN



<スケジュール>
1日目 :8:00 THE NORTH FACE GRAVITY HAKUBA集合
オリエンテーション後白馬BC エリアにてセッション
16:00 終了・解散
2日目:8:00 THE NORTH FACE GRAVITY HAKUBA集合~白馬BC エリアにてライディングセッション
16:00 終了・解散
19:00 THE NORTH FACE GRAVITY HAKUBAにて PHOTOスライドをお楽しみください。
3日目:8:00 THE NORTH FACE GRAVITY HAKUBA集合~白馬BC エリアにてライディングセッション
16:00 THE NORTH FACE GRAVITY HAKUBAにて解散予定
※詳しくはスタッフまでお問い合わせください。



<申し込み方法>
お電話、FAX、E-MAIL にて最寄りの(株)アトラストレック各営業所へお申し込みください。 契約書類、ご旅行条件等のご案内をお送りいたします。ご旅行条件をよくお読
みの上、お申し込み書をご返送ください。 同時にお申し込み金(10,000 円)を指定の口座へお振り込みください。(旅行代金の全額をお振込みいただいても結構です) ご旅行の最終案内書類は、ご出発の 5 日前
までにお送りいたします。



■旅行企画・実施:株式会社アトラストレック
観光庁長官登録旅行業第 1167 号 社団法人日本旅行業協会正会員
〒160-0008 東京都新宿区三栄町 25 番地三栄ハウス 202
TEL.03-3341-0030 FAX.03-3341-9200 総合旅行業務取扱管理者 舘野 淳子
営業時間:平日/ 10:00am-6:00pm 土曜日/ 10:00am-3:30pm 日・祝休
URL:http://www.atlastrek.co.jp/ E-MAIL:info@atlastrek.co.jp
お申し込み・お問い合わせ:東京TEL.03-3341-0030(代)FAX.03-3341-9200 大阪TEL.06-6147-8031(代)FAX.06-6147-8032
名古屋サービスデスク(梅田営業所転送電話)TEL.052-788-2422


photoView


<お問い合わせ>
THE NORTH FACE GRAVITY HAKUBA
〒399-9301 長野県北安曇郡白馬村大字北城5930-1
TEL:0261-85-2855
Blog:http://goldwin-blog.jp/tnf-gravity-hakuba
Twitter:http://twitter.com/tnf_gravity_hkb (@tnf_gravity_hkb)
Instagram:http://www.instagram.com/tnf_gravity_hakuba/
(@tnf_gravity_hakuba)



Tags :
ソーシャルブックマーク:

2016.01.15 18:00

タイトルだけみると
「いきなり番外編か!」

と突っ込まれそうですが、突っ込みたくなった方は
コチラをご一読ください。



番外編です!


前回はTNFテックアンダーのホットウォームについてご説明致しましたが、
お試し頂くと更に様々な気候に対応できてしまう使い方が存在するのです!




photoView

山でザックを下ろして休憩、背負い直した際に背中が"ヒヤッ"としたことありませんか?あるはずです。

それはどんな保温性の高いアンダーでも起こってしまいます。


背中は汗をかきます。
それが身体に触れている間は自身の体温で温まっているから良いのですが、ひとたび身体から離れると外気でその汗を吸ったインナーが冷やされます。
そしてそれが背中に接した瞬間あの"ヒヤッ"が襲ってくるのです。

ザック背負い直すの、怖くなりますよね。
そのせいで食べたい時に出したいおやつ、眩しいときにサングラス、出すのを躊躇してしまう勿体無い、可愛そうな事態を減らすべく、この方法を多くの方々に試していただきたいのです!





それは、アンダーの合わせ技。

TNFテックアンダーにはホット、ウォームの他にドライというモデルが存在します。


僕がオススメするのはこのホットドライの合わせ技です。

ホットは優れたアンダーですが、短時間に多くの汗をかいた場合、その厚さ故たくさんの水分を保持してしまう。
これは保温性を上げるために厚さ(空気を溜め込むための)を確保しなければならないのですが、イレギュラーな動きをするヒトの発汗には完全にフィットするのはホット単体では難しいのです。

そこで、ホットの下にドライを着ます。

photoView
photoView

ドライはTNFテックアンダーラインナップ中最薄のモデルですが、肌面にはポリプロピレンという疎水性のない素材を使用してその上のポリエステルが吸い上げてくれるため肌面が常にドライなのです。

それを更にホットが吸い上げその過程で効率よく乾かしてあげる。
アンダーと肌の間に常に空間を開けている、そもそも肌にインナーが触れないといったイメージです。
実際は触れているのですが、この小さな差で様々な環境下で細かくアンダーが調節してくれるようになります。


これでも冷えを感じるようなら下に着ているドライをパラマウントに替えてみて下さい。

photoView

パラマウントは裏も表もポリプロピレン100%でできており、ドライよりも厚さがあるためよりアンダーと肌の間に空間を開けてくれます。

ただし、網目が大きい為肌との摩擦係数がどうしても大きくなるので肌が摩擦に弱いという方はドライの使用をオススメします。


ホットをメリノやパワーストレッチフーディに替えて着ることも多いですが、これらの組み合わせが伊藤の最強レイヤリングでこれでないと不安を感じるほどです。


ぜひ、お試し下さい!



ご不明な点はぜひ山好きが集うGRAVITY白馬店店頭スタッフまでお尋ね下さい。
それぞれがお気に入りアイテム、活用法を持っています。

ぜひ全員にお声かけ下さい。





では皆様、良い山を!


photoView

photoView

photoView

photoView

photoView






Tags :
ソーシャルブックマーク:

2016.01.14 09:50

photoView

皆さん、滑ってますかーっ!?


すみません、写真は昨年のものです。
そろそろこんな雪をいただきたいものです。

しかし、今週末から冷え込み本格的に冬に入っていくことが予想、期待されます。

暖冬とはいっても冬は冬。冷える時は冷える。
ということは気温の上下が大きいということになる=寒い時はさらに寒く感じる(?)


ので、強引ではありますが、そんな時に考えたいアンダーのお話をさせていただきます!

ホントなんですよ。

綿モノやフリースで調整するよりも上質なアンダーをチョイスしたほうがより幅広い温度域に対応できるんです。


なぜ幅広い温度域に対応したほうがよいかというと、基本は着たり脱いだりのレイヤリング調整ですが、着たり脱いだり極力しないほうが楽でしょ?
時間が短縮できるでしょ?

もし、写真のようなパウダーを求めて


photoView
こんなとこにいたり、、

photoView
こんなん越えたり、、

photoView
こんな状態だったり、、

そしたらいちいち着たり脱いだりなんてしていられない!


「でも、快適がいいの!!」


そんな欲張りさんに最適なアンダーの選び方、お教え致します。




アンダーは乾きが速いという機能はもちろん重要ですが、水分が蒸発する際には気化熱で表面の温度が奪われるものです。
そのため、速乾と保温両方を絶妙なバランスで調節されたものを冬用のインナーとして私達はオススメしています。
その他にもポリエステル、ポリプロピレンや毛など、それらの繊維の割合や繊維の形までアンダーに最適に調整しています。

そんなTNFのこだわりインナーですが、今回は冬のアクティビティにオススメなラインナップをご紹介。


まずは、TNFテックアンダーラインナップ中最高に暖かいホット

photoView
photoView

薄いフリースのような裏起毛の柔らかい肌触りです。
厳冬期のスキー・スノーボード、アイスクライミング。また写真を撮ったり釣りをする方にオススメなモデルです。

厳冬期といったら激しいイメージがありますが、ゲレンデで滑っているとリフトは寒いです。釣りや写真もジッとしているので動き回っているよりずっとカラダに堪えます。

寒がりさんにもオススメなホットです。




次にホットにくらべ少し薄手のウォーム

photoView
photoView

こちらは生地自体はホットの半分ほどの薄さです。
しかし、繊維1本1本が中空(マカロニ状)になっていて薄いその生地の中に効率的に空気を溜め込んでくれます。

僕(staff伊藤)はスキーの際はウォームの使用頻度が1番高いです。
ウォーム+中厚手のフリースフリースor薄手のポリエステル綿ジャケット+アウターの組み合わせです。

寒い日もガンガン滑る!方、普段のインナーに、アウトドアのオールシーズンで使いたい方にオススメのウォームです。




と、TNFテックアンダーは基本的に上記のように使い分けていただけると良いのですが、
次回はアンダーオタク伊藤がお勧めするさらに快適!もちろんどんな時も!完全に限りなく近い!
アンダー使い番外編をお届けします。





お楽しみに!




そして少しのウソをお許し下さい。
Tags :
ソーシャルブックマーク:
LINK NEUTRALWORKS. SHOP LIST WEB STORE 会員特典 SNS