THE NORTH FACE

【BLOG PORTAL TOP】 > 【THE NORTH FACE】 > 【GRAVITY HAKUBA】

2016.11.20 12:00

photoView

世界最高年齢で自身3度目のエベレスト登頂に成功し、「NEVER STOP EXPROLING」の精神で今もなお夢に挑戦し続ける三浦雄一郎氏の原動力は何なのか…。
貴重な映像とともにお届けいたします。

【開催日】2016年12月10日(土)
【開催時間】14:00~16:00
【開催場所】THE NORTH FACE 昭島アウトドアヴィレッジ店
【参加費】無料 
【定員】300名
※ご参加いただくには整理券が必要です。
整理券は「11月12日(土)10:00」より店頭にて配布いたします。(整理券特典あり)
詳しくはTHE NORTH FACE昭島アウトドアヴィレッジ店までお問い合わせください。
尚、定員に達した場合は立ち見席となりますので予めご了承ください。

◆三浦 雄一郎(みうら ゆういちろう)◆
1932年青森市生まれ。64年スキーのスピード競技であるイタリア・キロメーターランセに 日本人として初めて参加、当時の世界記録樹立。66年、富士山直滑降。70年エベレスト・8000メートル世界最高地点 スキー滑降を成し遂げ、その記録映画はアカデミー賞を受賞。
85年世界七大陸最高峰のスキー滑降を人類初、完全達成。2003年5月、次男の豪太さんとともにエベレスト(8848メートル)登頂したのを皮切りに08年、13年と3度のエべレスト登頂を果たす。アルピニストでありアドベンチャースキーヤー。

[お問い合わせ]
THE NORTH FACE 昭島アウトドアヴィレッジ店
〒196-0014 東京都昭島市田中町610-4 MORIPARK Outdoorvillage
TEL:042-519-1980
平日 OPEN 11:00~CLOSE 20:00 土日祝 OPEN 10:00~CLOSE 20:00
Blog:http://goldwin-blog.jp/tnf-akishima
Instagram:@tnf_akishima_outdoorvillage
Twitter:TNF_AKISHIMA
Tags :
#tnf
#athlete
ソーシャルブックマーク:

2016.11.06 20:00


photoView

2006年、冬山のテントブーツとして開発された"Nuptse Bootie(ヌプシブーティー)"。
発表から10年目を迎え、雪山から街へとフィールドを超えた定番アイテムとしてコレクションも拡充。
真冬の厳しい環境下でも足元から身体を暖め、あなたの行動をサポートします。


当キャンペーンでは、対象商品をご購入の方から抽選で800名様に、THE NORTH FACEオリジナルフリースブランケットをプレゼントいたします。

詳しくは店頭、またはTHE NORTH FACE OFFICIAL HOMEPAGEをご覧ください。

http://www.goldwin.co.jp/tnf/special/nuptse_campaign/

キャンペーン注意事項
※本キャンペーンは、実施店舗によってキャンペーン開催時期が異なります。あらかじめご了承ください。
※GOLDWIN WEB STOREでは、2016年11月5日(土)午前4時31分から12月12日(月)午前4時30分までのご購入分がキャンペーン対象となります。
※期間中、キャンペーン対象商品をご購入のお客様へ応募ハガキをお渡しいたします。
ご応募いただいた方から抽選で800名様にTHE NORTH FACEオリジナルフリースブランケットをプレゼントいたします。
※応募ハガキの応募締切は、2017年1月15日(日) 当日消印有効となります。
※プレゼントのカラーはお選びいただけません。デザイン・仕様等は予告なく変更になる場合がございます。
※当選者の発表は、賞品の発送をもって代えさせていただきます。
Tags :
#tnf
#nuptse
ソーシャルブックマーク:

2016.11.02 15:11

photoView

山から冬の便りが届きました。

photoView

今週はまだまだ降り積もるようです。

photoView

photoView

そんなピリッと北風吹く日には
アンタクティカパーカが良く合います。

photoView

ANTARCTICA PARKA
ND91601 81,000円 (税込)

極寒地での作業や
天体観測用の防寒着として
おすすめです。

photoView

気分はもう冬に向かってます。

お問い合わせはこちら

THE NORTH FACE
GRAVITY HAKUBA
0261-85-2855



STAFF YOKOCHI
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2016.10.30 18:55

本日行われましたワークショップ

【MAKE YOUR OWN CUTLERY】

真鍮を叩いて、アウトドアで使える自分だけのカトラリー。

ご参加下さりました皆様、
3時間という製作時間にも関わらず
熱心に小槌を叩かれていました。

その風景を写真にてお伝えできれば...と。

photoView

photoView

photoView

photoView

photoView

photoView

photoView

photoView

photoView

photoView

photoView

photoView

photoView

photoView

photoView

photoView

photoView

photoView

photoView

前半戦終了です。
そして後半へ。

photoView

photoView

photoView

photoView

photoView

photoView

photoView

photoView

photoView

photoView

一打ち一打ちに思いを込めて
夢中に取り組まれていました。

ご参加下さりました皆様、
ありがとうございました。

また、イベントやワークショップ情報など、
当blogやInstagramでも随時更新予定です。

皆様のご参加心よりお待ちしております。




Staff : Yokochi


Tags :
ソーシャルブックマーク:

2016.10.29 11:50

photoView

先日お知らせした【THE NORTH FACE Snow Movie Session ~THE GATE & MONSTER~】が全国のTHE NORTH FACEで開催されることが決定いたしました。

すでにお知らせしている原宿に加え、大阪、福岡、白馬、札幌の全国5会場で開催いたします。


【開催スケジュール】
2016年10月28日(金)19:30~ / THE NORTH FACE 原宿店
2016年11月16日(水)19:30~ / THE NORTH FACE 堀江店
2016年11月17日(木)19:30~ / THE NORTH FACE 福岡店
2016年11月25日(金)18:00~ / THE NORTH FACE GRAVITY HAKUBA
2016年12月3日(土)17:00~ / THE NORTH FACE+ サッポロファクトリー店

各会場ともに入場は無料。(予約不要)
それぞれの会場でMovieに出演しているTHE NORTH FACEライダーとのトークセッションを予定しています。

※会場により、ゲストが変更になる場合がございます。
※座席には限りがございます。混雑状況によってはお座りいただけない場合がございますので、あらかじめご了承ください。


【お問い合わせ】
THE NORTH FACE 原宿店
TEL:03-5466-9278 Open 11:00 ~ 20:00

THE NORTH FACE 堀江店
TEL:06-6537-1275 Open 11:00 ~ 20:00

THE NORTH FACE 福岡店
TEL:092-739-1101 Open 11:00 ~ 20:00

THE NORTH FACE GRAVITY HAKUBA
TEL:0261-85-2855 Open 11:00 ~ 19:00

THE NORTH FACE+ サッポロファクトリー店
TEL:011-207-4131 Open 10:00 ~ 20:00



【作品紹介】

『THE GATE』
舞台はフランス・シャモニー。多くのアルピニストに愛され、そして彼らの命を奪っていく世界屈指の山岳エリア。
アルパインスノーボーダー渡辺雄太が、シャモニーの初滑降記録を多く持つルカ・パンドルフィと時間を共にし、技術、精神面を成長させていく記録映像。
Rider : Yuta Watanabe
Special Thanks : Luca Pandolfi, Tamiku Hakuno


『MONSTER』
かつて世界を飛び回り多くの名声を得た男がいた。
彼は人々が恐れ近づくことすらできない豪雪地帯に住むという怪物退治に出かける。
その怪物と対決するため、男は技術と体力を蓄えるべく深い山へと入っていく。
Rider : Kenji Kono

Tags :
#tnf
#event
ソーシャルブックマーク:

2016.10.27 19:00

photoView

日々をナチュラルに過ごす、そのために本を読んだり、ご飯を作ったり、体を動かしたり。
何気ない日常の一コマだけど、自分にとって欠かせない事がある。

TNF RUNイメージページにも出演いただいた、モデル・女優として活躍する高山都さんをゲストに迎え、彼女のルーティンワークの1つであるランニングを通じて、自分らしいライフスタイルのあり方を考えてみませんか?

[“TNF RUN” http://goldwin.co.jp/tnf/special/tnfrun_winter_2016/ ]


【開催日】2016年11月11日(金) 
【参加費】無料
【定員】Running Part:15名 (女性限定)
    ※定員になり次第、募集を終了させていただきます。
     ご予約・お問合せは「The North Face3/march」へご連絡ください。
 
Talkshow Part:Free
    ※混雑状況により、お座りいただけない場合がございます。
     あらかじめご了承下さい。
 

《 Running Part 》
 集合場所:The North Face3/march
 
タイムスケジュール
18:30 受付開始 / 着替え
  19:00 ウォーミングアップ / ランニングスタート
     ※店舗 ~ 原宿 ~ 外苑 ~ 表参道 ~ 店舗という周遊コースを予定。
(約4.2km:7min./kmほどのゆったりとしたペース)

講師:並木 雄一郎さん「通称:ちゃんぷ」
エントリー層からロングレースの完走を目指すランナーまで幅広く指導するランニングアドバイザー。カラダのケアやコンディショニングプログラムを提供するトレーナーとしても活躍中。

ゲストランナー:高山 都さん

 持ち物:ランニングウエア、ランニングシューズ、飲料、タオル、着替えなど
 
 ◆Running Partに参加していただいたお客様には、ノベルティをプレゼントします。
 
 ※小雨決行。天候により、コースを短縮、変更する場合がございます。
  あらかじめご了承ください。
※荒天の場合は、店舗にてランニングの為のトレーニング講座を予定しています。
ランニング用などの動きやすいウエアをお持ちください。
 ※街灯の少ない暗い箇所を走る場合がございますので、リフレクターを使用している
ウエアやリフレクターリストバンドなどをご準備ください。


《 Talkshow Part 》
会場:The North Face3/march

タイムスケジュール
 20:00 開場 / ランニング参加者は着替え
20:30トークショー スタート
  21:30 終了予定
 
 ゲスト:高山 都さん


【高山 都さん プロフィール】
ファッション誌のモデル、ドラマや映画での女優活動のほか、ラジオパーソナリティ、音楽番組のMCやCMナレーションなど、 幅広いジャンルで活躍中。
ふわっとした外見とは裏腹にサブ4の記録を持つ実力派市民ランナーとしても有名で、様々なランニングイベントにも登場し、活躍の場を広げている。


【お申し込み・お問い合わせ】
THE NORTH FACE3/march
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-10-8 NAビル
TEL:03-6418-4921 OPEN:11:00 ~ 20:00
Tags :
#tnf
#tnf3
ソーシャルブックマーク:

2016.10.26 11:50


2日目の朝

photoView
一日のはじまりに見事な雲海。

photoView
後ろ髪をひかれつつ白馬岳をあとにします。

今日のルートは杓子岳、鑓ヶ岳を越えて不帰、唐松岳から八方尾根へ下る行程。
コースタイムは10時間ほどです。

photoView
白馬岳の西に位置する「旭岳」です。
ここをトラバースして清水(しょうず)尾根を下ると祖母谷温泉があります。
下りすぎて膝がおかしくなりそうですが、いつか行ってみたいルートのひとつです。

登ってはまた行きたいルートが増え、キリがないなぁ…
そんなことを考えながら杓子岳ピークへ到着。

photoView
朝ごはんを食べ過ぎてピーク手前の登りで危なかったのはナイショの話(笑)

photoView
富山側には立山、劔岳、毛勝三山、そして富山湾がはっきりと見えています。

そして鑓ヶ岳へ。

photoView
振り返るとこの景色。

ぜひ!生で見て感じてもらいたいです。

photoView
いつも眺めている鑓ヶ岳とは違い、反対側はなだらかな斜面。
ここに辿り着くまでは大変ですが、スキーで滑ったら楽しそうですね。

photoView
実際にこちらの大出原はバックカントリーで楽しむ方もいるそうです。
ナイス大斜面!

photoView
天狗ノ頭をすぎると山の様子が一変。
今回の核心部である不帰嶮へ近づいていきます。

photoView
天狗ノ大下り。
ヒヤッとする場面もあり、慎重に下ります。
ヘルメット必須です。

photoView
見えてきた不帰二峰、三峰。

photoView
一峰を越え二峰のとりつきへむかいます。
小さく見えるのは先行者。

photoView
フー。っと深呼吸し三点支持で慎重に登っていきます。
写真では伝わりにくいですがかなりの高度感!
下を向いた途端に怖くなり足がすくむ…。

photoView
なんとか二峰をクリア。
ここでようやく落ち着いたので三峰と一緒にパシャリ。

photoView
無事に唐松岳に登頂し、八方尾根を下ると見慣れた景色。
なんでしょう、この安心感(笑)

今回は日帰り登山とはまた違った楽しみがあり、心に残る山行となりました。
登った山々を改めて眺めると違った見方ができて面白い!

自然での楽しみ方は無限にありますね。

まずは体力づくりから…頑張ります!


Tags :
ソーシャルブックマーク:

2016.10.23 18:26

先日は白馬三山にも冠雪があり、
いよいよ雪山シーズンも近づいてきました。
photoView
そんな便りがあった最近ですが、
冬に向けてSNOW商品が続々と入ってきました。
photoView
DUBS JACKET - NS61609
28,080円(税込)
photoView
高い防水透湿性を持つハイベントの中厚手2層素材を使用した、アノラックタイプのスノースポーツジャケットです。強風や低温にも耐えうるプロテクション性能を持ち、しなやかな着心地を両立。深雪に対応する長めの着丈デザイン。
photoView
グローブやゴーグルなどを収納できる多彩なポケットスペースを設け、スノースカートやヘルメット対応のフードなど、ゲレンデシーンに必要な基本機能をしっかりと装備しています。

新しいウエアでシーズンを迎えるのも
アリではないでしょうか。


STUFF YOKOCHI
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2016.10.21 18:00

photoView

昨日は休みを利用して

小谷村にある

栂池自然園に

行ってきました。

photoView

雲は多少あったものの

風もなく

蒸し暑いくらいの

気温で

半袖で

散歩できるくらいでした。


装備としては

icebreakerの半袖に

ティーシャツ

スワローテールジャケット

アクセルライトパンツ

とこの時期にしては

薄着軽装でしたが

充分なくらいで

快適に歩くことができたと思います。

photoView


そして

何より初めて自然園を

しっかりと一周することができ

時間的には3時間くらい

良かったと思います。


そして

帰りのゴンドラでは

太陽の光の向きが

行きとは違ったせいか

眼下には

一面黄色の絨毯が広がっていました(笑)

photoView

photoView

photoView

ということで

今白馬は

山麓が見頃です!
Tags :
#tnf
#紅葉
ソーシャルブックマーク:

2016.10.19 14:18

前回(http://goldwin-blog.jp/tnf-gravity-hakuba/23320)の続き


丸山を越えたあたりから唐松岳頂上山荘への道は
特別難易度が高いという訳ではないが
山肌に沿って橋が掛けてあったりと
今までの尾根歩きから少しだけ
違った姿を見せてくれる。
photoView
八方尾根を登っていて
唐松岳頂上山荘は見当たらない。
まだかまだかという声がいつも聞こえる。

目的地が見えないのは
いい時もあれば悪い時もある。

そんなことを考えていると
突然、目の前に小屋が現れる。
photoView
唐松岳へ向かう僕の最も好きな瞬間だ。

今まで全く見えてこなかったのに
何個か斜面をトラバースすると
目の前に、しかも至近距離で
小屋が出てくるものだから
あちらこちらで喜びの声が飛び交ってる。

テント場や水場などの休憩ポイントが近づくと
休んでいる人の声などが聞こえてきて
それがどの辺りにあるのか分かってしまうが
ここにはそれがない気がする。

こんなに人が多く訪れる場所なのだが
テント場が反対側の斜面であったりと
比較的声が響いてこないようだ。

このとき朝の6時。

小屋の前ではこれより下山を開始する人、五竜岳方面や白馬岳方面へ向かう人などで賑わっている。

みんないい表情をしているように思う。
きっといい朝を迎えたのだろう。

今まで他の人とすれ違うことがなかったが
ようやく行き交う人と挨拶を交わしながら
唐松岳山頂へ向かう。
photoView
台風一過でそらは澄み渡り
目の前に剱岳や裏銀座、
少し離れて槍ヶ岳や穂高
さらには富士山や日本海までもが
はっきりと見えている。
photoView
自然とため息が溢れる。
なんて居心地のいい場所なのだろうか。

楽しみにしていたコーヒーを飲み
呼吸を整え、五竜岳へ向かう。

唐松岳と五竜岳を結ぶ稜線の鞍部にはテーブルクロスのような雲が掛かっている。
photoView
今から一度高度を下げ、その中に入っていく。
なにか違う世界が広がっているのではないかという想像が膨らむ。

山荘を出発するとすぐに牛首岩稜に入る。
鎖場が多く、また落石に注意を払い慎重に下る。
高度感はあるが、3点支持さえしっかり守っていれば見た目ほどの不安はない。
photoView
ほどなく大黒岳のピークを踏み
ここから一気に下る。
完全に雲の中へ入った。

森林限界に入り、湿地帯やハイマツが広がる。

ここからは穏やかな尾根歩きだ。
真っ白な視界のなか、ペースを上げる。
時折強く吹く風が心地よい。
photoView
雲を抜けると目の前に五竜岳が現れた。
穏やかな顔の唐松岳とは違い、
勇ましい姿の五竜岳だ。

穏やかな斜面をトラバースすれば五竜岳山荘に着く。

まだ時刻は07:30を指している。
いいペースだ。

休憩を挟み、五竜岳山頂へアタックする。
朝に広がっていた雲海が少しずつ高度を上げ、こちらに迫ってくる。

五竜岳山頂までのルートは鎖場こそあるものの、牛首岩稜に比べると高度感もなく、安心して登ることができるように感じる。

それでも過信はせず、一歩一歩しっかりと進む。


09:00 山頂到着。
photoView
今回の最高地点だ。

photoView
広がる絶景にため息をつき、テレキャビン駅アルプスだいらに向かう。
山荘より下はガスに覆われ展望が利かず、西遠見、大遠見、中遠見、小遠見と何度も繰り返す登り返しに心が折れながらも13:00無事下山。

遠見尾根も見所がたくさんあるのだが、また次回にとっておくことにした。

そういえば、昨日の夜にお店にお買い物に来ていたお客様と遠見尾根で遭遇。これから五竜岳へ行かれるそうでした。
少し驚いた様子もなんだか嬉しそうで安心。
時々このように前日にお話ししたお客様と翌日すれ違うことがあります。
こんなことが出来るのも山麓に住むことが出来ているからであって、この環境にとても感謝。
またお店でお話しできる機会を楽しみにしています。


Photo & Text Takanori Yokochi
Tags :
ソーシャルブックマーク:
LINK NEUTRALWORKS. SHOP LIST WEB STORE 会員特典 SNS