THE NORTH FACE

【BLOG PORTAL TOP】 > 【THE NORTH FACE】 > 【浜松佐鳴台店】

2017.07.24 18:01

突然ですが日本人は三大〇〇ってのが好きですね。
三大夜景は神戸、函館、長崎。
三大祭は祇園祭、天神祭、神田祭。
三大美人なんてのは何を根拠にしてるんでしょう。

さて、
日本の山にも三名山(富士山、白山、立山)というものがありますが、今回スタッフ西村が行ったのは「日本三大急登」。
登山をしない方には何それ?ってお話ですが、文字通り日本を代表する「登りがやばい」登山ルートって事になります。
北アルプスは烏帽子岳に登るブナ立尾根、谷川岳の西黒尾根、南アルプス甲斐駒ヶ岳の黒戸尾根。
この甲斐駒ヶ岳・黒戸尾根にトレイルランで行ってまいりました。

e8b1fb825b9021309c6b4e6bf2bf9ae9aaf4608f.jpg甲斐駒ヶ岳といえば宇多田ヒカルさんが出演していた天然水のCMで最後に姿をあらわす山なので、ご覧になられた方も多いかと思います。
665851c8c826916130226e4ef05ca570f7a41043.jpg甲斐駒ヶ岳を目指すルートは大きく2つ。
比較的登りやすい北沢峠からのルートと、この尾白川渓谷を起点とする黒戸尾根になります。標準コースタイムは倍ほど違うとのこと。
04fe6fb8fdf58c6cd6f5cd1c186bb1d4546d8c47.jpg尾白川渓谷はトレッキングコースもあり、日帰りでも楽しめます。
しかしながら早々にトレッキングコースと分岐してからは「#うわまじか」と言いたくなるような急登の連続。
14e312386acc058c1da85914dc4d795e52c3c29c.jpg
こんな気持ち良く走れる道はかなり少ないです。
前出の「日本三大急登」とは別に、「北アルプス三大急登」というものもありまして、それは烏帽子岳のブナ立尾根はそのまま、剱岳の早月尾根、燕岳の合戦尾根が代わりに入ります。
西村は早月と合戦尾根は登っているのですが、この黒戸尾根、早月尾根と並んで個人の山行では過去トップ3に入るくらいのハードな登山道です。

さすが日本三大。

f08fda615caf517ef95a3b0079f7d7ceb6201c17.jpg
合戦尾根ならもう終わっているであろう中間地点に出てくる鎖場、刃渡り。
リッジの上を歩きます。左側はスパーンと切れ落ちていて、過去に滑落事故もあるそうです。
7709bcbfbaa8a68ee547900a4a70d221a5e34e25.jpg5b0960333d9aa047020476ffa0aeb95a4771d4d4.jpg
その後も梯子と鎖場の連続。折れそうになる心を奮い立たせてひたすら登ります。
奥三河パワートレイル後半の登りを彷彿とさせてくれます。

9b6055ebfdcef5206120749915d60d9995379c00.jpg
頑張って登ったご褒美は雲海!!奇岩!!

dddc1a653e3b500b1b088421aaa24fb9da19493a.jpg56d93c9acc3abf6b3574d8aed504259982aee265.jpg
写真では分かりづらいですが、かなりの角度です。
高度が上がると登山道はダイナミックな岩場へと変化。
最後までひたすら登らされます。

e5cf0bf1a23f1a648fdb70eecfb2b9670bce858b.jpg
ジャスト4時間で登頂!!
富士山も姿を見せてくれました。手前は鳳凰三山かな?

7271ba23bf10c1671b5e8f6df8362a806d203a7a.jpg
自分たちが登頂した時はちょうど風も強く、雨もぱらついていたので早々に撤収をしましたが・・・少し下りたくらいで一気に雨も風もやんでしまうという間の悪さ。
22dbd5311180aa347f15193577a31b3d97c3327d.jpg下りは山小屋で休憩などとりつつのんびり下山。
と言いつつ走れるとこは走ります。

d395548439a28e501fcfc4b64eb6a0d29c02b497.jpgスタート&ゴール地点の竹宇駒ヶ岳神社。
300年前に建てられたそうで、登山道いたるところに祠や鉄剣などがあり、修験道・山岳信仰が盛んだったことがうかがい知れます。

この黒戸尾根はトレイルランニングのコースとしてもメジャーですが、片道約10km、標高差約2300mはかなりの歯ごたえがあります。(先日の馬返しからの富士山の方が楽なぐらい。)
加えて3000m級の山なので、行かれる方は装備・体調・心構えを万全にして臨んでください。きっとそれに応えてくれる山であることは間違いないので!

トレランやファストパッキングといった、ウルトラライトの山行スタイルは行動範囲を大きく広げてくれます。この夏、ご自身の山行計画に取り入れてみてはいかがでしょうか。
皆様の山行計画、そして沢山のお土産話、聞かせてください。期待しております!


【THE NORTH FACE 浜松佐鳴台】
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2017.07.22 09:32

8c77a732dcbc18aebf203ab11b6ee06ff2a92618.jpg

梅雨明けが発表され、ついに夏山シーズンがはじまりましたね!
2017年7月20日、スタッフ丸尾とスタッフ上村が”金峰山”に登ってきました。
金峰山は奥秩父連峰の盟主であり、2599mの日本百名山に選定されている山です。
今回は最も簡単に山頂へ行けるルートである大弛峠から登りました。
浜松から登山口まで4時間半、コースタイムも4時間半でありますので
早朝浜松出発、日帰り登山が悠々可能です。

それでは、金峰山登山レポートスタート!


001206ac55cc090948e0a4512e03afdfb7881f5c.jpg

大弛峠の駐車場は停められる台数が少なく、不安の中の運転となりましたが
無事駐車することができ、駐車場そばの登山口から登り始めました。

efcfa6259321caf5b60f727339cc220add81225e.jpg
登山序盤はこのような森の中を歩いていきます。
この時点で標高は2400m近いので、非常に涼しく気持ちいいです。
浜松はめちゃくちゃ暑いですからね...ありがたみを感じながらの登山です。

52e27c366b2a890ea2ac53e8f5a7f8050bec7df8.jpg
そうしているうちに、最初のピークである朝日岳に着きました。
肝心のお天気はまあまあな感じです。展望はないですが、周辺の視界は良好です。

5fae78e7574dc80ee63718781402cea7ce3b2850.jpg
ここから一気に下ります!
登り中に突如として現れる下りは、非常にやっかい!
帰りにまた登るという圧倒的現実を知らないふりをして標高を下げます。

640a31ea4b2c45d93ada6e9355e60116ec1a06a0.jpg
もう一度、登っているとついに視界が開けました。
ここから山頂までの稜線歩きを楽しみにしてました!!
短時間で、この綺麗な稜線歩きができるのが金峰山のいいところですね。

5f948f4973aa3f2f320e323b2d00d6e0006047e5.jpg

3d6bc874bc8732491b2ca6879e3c10d4b6a1f187.jpg

本当に美しい稜線です。
本来天気が良ければ、富士山や南アルプスがドカンと見えますが
今回はガスがかかって見れませんでした。

05a998f923ccd2c80733762946864d41d045ceb0.jpg
そして気づいたら山頂!!
写真を撮っていただいた方、ありがとうございました。

18f1515ebb320e26148da9e900562f8cd9812c54.jpg
そして金峰山のシンボルである五丈岩。
堂々として非常に立派です。
金峰山は信仰の山として奉られており、
昔の人もこの岩に神秘的な力を感じていたのでしょうか。

1dc5bc412179e9115590ac769627074b944c7299.jpg
そして奥に瑞牆山が見えます。
クライマー御用達の山です。去年登りましたが、
こちらもバリエーションに富んでいて、良い山でした!


faa78da7e430ba80b5465452557eb4c4df76e7d9.jpg

以上が登山レポートになります。
今回、スタッフ丸尾が使用した登山用具は、、

【帽子】NN01605 ゴアテックスハット
【アウター】NPW11503 クライムライトジャケット
【パンツ】NTW52927 アルパインライトパンツ
【シューズ】NFW01721 エンデュランスハイクミッド
【ザック】
NM61653 カイルス20

でした♪

改めまして、夏山シーズンがついに開幕です。
浜松もちょっと足をのばせば日帰りで行けるがたくさんあります。
皆さんも山の涼しさを感じてみませんか??
登山装備はもちろん、おすすめの山などのご相談お待ちしております。

wrriten by 上村


【THE NORTH FACE 浜松佐鳴台】
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2017.07.21 17:59




2017.07.19        ー 富士登山   西村追走編 ー



GOLD WIN 登山研修が、18-19で山小屋に泊まりつつのゆったり登山を敢行している中
当店のスタッフ西村はなんと、単独登山を決行・・・!!

後発にも関わらず、御来光に合流しようという魂胆。
しかも0.5合目から攻めるという強行ぶり・・・どうかしてます。。

67167abdf7154055a81dcc63b7e7c2239aa3f651.jpg
19日、0時スタート!
  
d37108ce1ed16c037cf46d59972452264d708411.jpg
めちゃくちゃ怖いやないすか・・・
こんなことろを単独で登るのは体力だけでなく、勇気もいりますね。。
 
979bd385f2d1c859e5491d27c088daa61b1ea483.jpg

4合目  0:50

5合目 1:10

6合目 1:40

8合目 2:50





 
どうかしてますね・・・

とりあえず、アスリート西村のポテンシャルは半端じゃないことはわかりました。。
一緒に登るときは、こちらのペースを配慮いただきたい。。

 
b812607a1d93cf4f232e64bfe5c9010fc46e6349.jpg

昼間はこんな感じです。

27853521ce1724b1dbef4546feeb995a228cf9f4.jpg

雰囲気があっていいですね。

 
3d086300f1e7cd5fefcc2fc0e108994d03427779.jpg
江戸時代からある建物だそうで。
昭和初期まであったそうですが、積雪により倒壊してしまったようです。

 登山中にも廃屋がありましたが、雪によって潰れてしまったのかもしれませんね。

 
557269389ada96d66cd28a7122dc84fbe03d7ff7.jpg

お疲れ様でした!!

アスリート西村に追走いただきましたが、私は他の店舗スタッフと仲良くおしゃべりしており、お相手することができませんでした!

すみませんでした!!

お互いにいい経験ができたと思いますので、勘弁していただきたい。

この経験は、お客様に還元して行きますので、「THE NORTH FACE浜松佐鳴台店」スタッフ一同、心よりお待ちしております。



「THE NORTH FACE浜松佐鳴台店」  スタッフ 村瀬
 
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2017.07.21 17:37

                                  2017.07.18-19     ー GOLD WIN  富士登山研修 ー


0ed879cbe911e90cc66c6984a837e3aee8ebdff8.jpg
 全国の「THE NORTH FACE」スタッフが一同に会し、富士登山研修を行ってきました!
 
総勢、30名以上のグループ登山!
 
スタッフ村瀬、登山経験もほとんどなく知識も浅い中での挑戦で大変緊張しております。。
      みなさんの足を引っ張らないように登頂を目指します。

        4fc6c18bb184a9e020432419a3d7c29cc4567e28.jpg


 今回、ガイドをしてくださる「合力(ごうりき)」の近藤さん。富士登山のエキスパート!心強い

まず、我々スタッフにギアの使い方をレクチャーしてくださいとのことで、普段のお客様への対応力、知識量が問われます。

大勢の前で披露するのは、とても勇気のいることですが、皆さん素晴らしかった。。自分もお客様にきちんと伝えられる「自信」を今回持って帰りたい!そう思いましたね
            17f3b8a99c010a14044e84eb8eb48cfda10a3b72.jpg

登山開始です!

天候は若干の曇り空ではありましたが、暑すぎず良いコンディション。
不安はありますが、足取りは軽いです。

012313b58a0eba5d00498fc3da60ea5294f409ea.jpg
割と平坦な足場をサクサク進みます。
石畳程度の岩場と砂地の安定した道のりに楽勝ムードが漂いました。
 
4aa9435dee5d2f360033ce58e2c173fdf59b0943.jpg
しかし徐々に雲行きが怪しくなってきています。。
 
b703cb42d3590a65da5887c0e70a5b3ce7dfbbbc.jpg
足場も悪くなってきた。。
そんなに甘くないですね、登山って。。

 
55a5e600fc82544c8e60d5d65cc62f6508c894c8.jpg
完全にガスってきました。視界も悪く足場も悪い。
そんな中のゲリラ豪雨・・・
近くの山小屋さんに避難させていただき止むのを待ちます。ありがたい。。

ここまでひどいのは珍しいとのことで、貴重な経験をできました。
山の天候の変化は地上では味わえない天災といったところでしょうか。。

 
4fe2c68955875fdb3d6713193215d45c22cfd25c.jpg
 
普段の運動不足を悔やんでおります。
そして、最初の余裕発言を撤回します!


a5caf762fa0982c08d6c6f3bc28ab734d3a6f92f.jpg
そして、山小屋「東洋館」に到着!!
今回の宿泊地。

まだまだ中間にも到達していませんが、すでに達成感。。

 
65a68e24ce75f756aa3b0b42946c657ba2d362dc.jpg
「東洋館」デッキからの夕日の眺めは最高でした。
 
48867eba8785a76312348a4372b6e5620e1220cc.jpg

そして、みんな待ちに待ったお食事タイム!
味に定評のある「ハンバーグ定食」が登場!
めちゃめちゃテンションあがってます!

お腹も満たされ、仮眠をして山頂にアタックします。

・・・しかし全く眠れず。

6833afcb862e069145a4b1c8ac778068cfd17ae8.jpg

気温も格段に落ち、風もあるため全力で防寒装備をします。
私は、「WARM」インナーに長袖のシャツ系、フリース、GORE-TEXシェルで挑みました。
保温性の高いものをレイヤードして、GORE-TEXで雨風を凌げば今回は問題ありませんでしたが、風が強く体感気温は氷点下近かったです。。

さて、登り初めからハードな岩場がお目見え。
先が思いやられます。。

8cff6478a8e96228b4d3b6c24c8cadc21da90c8f.jpg

徐々に明るくなるも、高度が上がるにつれて気温が下がり、突風に見舞われ、体温が奪われていきます。。


d8b5fcfb66f1719786e089b8d070b82f0cd944ec.jpg

日が登ってしまう!
急がなければ!!

今回は登山客も少なく、山頂付近も渋滞はありませんでしたが、集中すると1時間以上動かないこともあるとか。
動きが止まってしまうと、どんどん体温を奪われていくので、ピークシーズンはより防寒対策が必要になります。


a1bd8dd3d1a57fea2f709072f93101b4f4a3fea8.jpg

登頂!!
御来光に間に合いました!
さすが、ガイドのエキスパートは30名以上の大所帯の動きすらコントロール。


1f0ba4f9480719cdf4d4e55c9dee69de06a94c8f.jpg

この世のものなのか。
らしからぬ感慨深く感じてしまいました。
神秘的で神々しい。


84c6a5aa3a90313c3e15f8410a9a8dbaed6bd66f.jpg

御来光と1枚。

852c1a53c50c29881b5a03f3a4d11d599f24ce59.jpg
そして下山。
下山もかなり足腰にくる過酷さ。
登山後の下山が一番辛いという人がいるのも頷けます。
緑こそないものの、壮大な景色を見ながらの下山もオツなものです。

しかし、めちゃくちゃ眠い・・・

744091b0901ba7860fa0d090d76d3cf0c33767fe.jpg
帰ってきたー!

達成感はもちろんですが、ギアの大切さ、天候の変化への適応力、仲間の大切さ。
この2日間で様々な経験ができ、山に対しての意識が高くなりました。
これで「自信」を持って、「富士登山を始めたい!」というお客様に対して的確なアドバイスができると思います。


富士登山をお考えの方!!
ぜひ 「THE NORTH FACE浜松佐鳴台店」 までお越しください。
お待ちしております!!


「THE NORTH FACE浜松佐鳴台店」     スタッフ   村瀬


 
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2017.07.09 20:45

スタッフ西村です。
いよいよ夏山シーズン到来ですね!
待ちきれない方も多いのではないでしょうか。

私もその一人。梅雨の晴れ間に富士山に行ってまいりました。
3ea8b992233ff70b6e4e0b0855cd7cd2e77827a4.jpg富士宮口から入りました。最短距離で山頂を目指します。
シーズン初めなので、高所順応のためペースはゆっくりめです。
58603205ce23dff439513c9d530c6fa385d98cde.jpg雲海が目の前!
17013244ff3fc86a9d9760b85e1239dafd360ea7.jpg伊豆半島もくっきり!
4e7b515d3f5588049c29948ec4c9dc28e583dbf5.jpg最初は夏富士の表情を見せてくれていましたが、八合目あたりから雲行きが怪しく・・・
風も強くなり、スワローテイルフーディー大活躍です。
悪条件になるとウェアの真価が発揮されますね。
7976626dab0d8860c117117afe084a303107d1a3.jpgまだまだ雪渓も登山道ギリギリまで、かなりの厚みがあります。
アイゼンは要らなかったですが、十分な防寒装備が必要ですね。
特にご来光登山をご計画の方は念入りに!
7d1e0037a9d1440d1171883c5c6aa5ab8ff5290e.jpg到着!
日本最高地点の剣ヶ峰とコノシロ池。
枯れない池として有名ですが、雪解け間もないこの時期はさすがに夏より大きいですね。
6ae2ab56d7af0c017d58cb24f13ee2e846e403e9.jpg剣ヶ峰到着!!
うん、ここまでくると皆変なテンション。酸素薄いですしね・・・
2d6da12c18fd166e280cad6fc4f592ad4473599f.jpgちょっと吉田口方面に回って山中湖。
6df40b6244131f94191e885bab17d53d39be1b09.jpg下ります。
fc4f3cf5b26a6306bf449fffed3d6411b82fa948.jpgガスってきました。
晴れより軽くガスってる方が個人的には下りやすいと思います。
炎天下の下りでまいってる方をよく見かけますしね。
お家に帰るまでが富士登山です。
f489681be2ae1aba45bc6d6bb8ce6f88ad88c6b0.jpg今年は何回登ろうかな。

この夏、富士登山をご計画の皆様、装備はもちろん、登山計画などなど、是非お気軽にご相談ください。
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2017.06.08 12:44

78cadf80682d7154db90feba05aeed94e08badf4.jpg2017年6月7日水曜日、THE NORTH FACE浜松佐鳴台店は3月25日のオープン後初のお休みをいただきスタッフ6名でトレッキングに行ってきました。

場所は白駒の池。
当初は天狗岳を予定していましたが生憎の天候のため急遽変更プランで出発です!
fb184577bf4bdc8119c988701bd0442bc3c689e9.jpg

白駒の池は、北八ヶ岳の広大な原生林の中にある神秘的な湖。標高2,100m以上の湖としては日本最大の天然湖です。

湖までの歩道の回りは樹齢数百年の時を刻んだツガ、トウヒ、シラビソの原生林で、地上はまるで緑のジュウタンを敷きつめたような苔が一面。 春は遅く5月でも雪がみられ、可憐なピンクの花をつけるイワカガミが遅い春の訪れを知らせ、ナナカマドが赤い実をつける晩秋まで急俊な高山を登らなくても子供からお年寄りまで、気軽に高山植物や大自然の織りなす季節の移り変わりを見ることができます。 また、秀峰八ヶ岳の登山やトレッキングの玄関口としても有名です。

48efb3559ba8f87f926ec26134a2e25757505f2c.jpgb3601f9d6849fd4bdf87ce57f4ddd42d821d43db.jpg8636121b9cbfd293539d207551f584a873952721.jpg

白駒の池入口に一歩足を踏み入れると、一面に広がる青き苔に目を奪われました。ここは、485種類の苔が生息する「苔の森」。苔に包まれた原生林の神秘的な癒しの世界をゆっくり歩きます。今回は生憎の天候でしたが、その日の天候によって表情の違う苔、気になる苔を見つけたら、そっと語りかけてみてください。

58cf2630895df3853ee33f579acc5f8d15ad6e0a.jpg19c6bc59a007e65661289a8cffe3a4f67378c949.jpg


写真では伝えきれない美しい苔たちが!!!

b61a3e22c1ff613c0b49d3ad1220648cadfdf9a2.jpg
dbb700a747432545d0e3ee9ad9ab1d11db1d17ea.jpg

まだ残雪が少しだけ所々にありましたが、順調に進みます。

c83df902d9266911efa7452146e4697a88bd252c.jpg
6979c9d9084f20b3f5279021926b22bfeb59d42c.jpg
山頂からは白駒池が!

421397a210aa9189dea3316a6d6e143c8c2d37e8.jpg

5d44c68fef834f348027b3d25ee38ffa4612ef1f.jpg78cadf80682d7154db90feba05aeed94e08badf4.jpg
雨が降り出したので装備を万全にして池まで行きます!

990a2b8bb03be494509fc9c595fb6619841287b6.jpg
流石!GORE-TEX!弾きます!弾きます!


04fba3eea9e9bb332182244a7fe4a9b7c5e1766b.jpg
0027d0f12ea0bd9d643ccfb71171b9e4cd03105e.jpg
ポーズを決めているのは誰でしょう!?(笑)

a3ef2c81bd2d07b020725c0412c65bd53b5bb461.jpg
到着!
雨天のため見晴らしはあまり良くなかったですが自然の景色にスタッフ一同感動です!

5ae5dfbe6cc1d66144c810ef396d5cfe4384c118.jpg0a0561ae2ac2c98f38eb6a6e28ddbcd4b8212670.jpg

ここで少し休憩タイム☕️
お店でも取り扱っている%ARABICA。
やっぱり外で呑むコーヒーは最高です!

f7b6017c7566f87dc28dfdda8b23fb23b61155a3.jpg0aeaaf71e7fbaae9f6e9927a28eceeae2ac8050a.jpg

下山は更に天候も悪くなってきたので急ぎ足で(><)



今回登ってきた白駒の池周辺は、10ヵ所の森に名前がつけられています。それぞれの森には特徴があり、苔の種類にも違いがあります。神秘的な北八ヶ岳 「苔の森」 にお出かけください。
また本日よりお店も通常営業しておりますのでスタッフ一同心よりお待ちしております。
今回の経験で得た事をお客様にお伝えさせていただきたいと思います!


Tags :
ソーシャルブックマーク:

2017.05.30 22:05

7316c00fd5b81a9a767d707728d2c2d2c04eda94.jpg

2017年5月28日に長野県にある常念岳へスタッフ上村が行ってきました。

常念岳は長野県に属し、日本百名山に選定されている標高2,857mの山です。
わたくし、稜線歩き大好きMANであるため、稜線歩きができる三股登山口から日帰りピストンでの山行となりました。

今年は例年に比べ雪が多く、残雪情報も含めた常念岳登山のレポートです。
それでは参りましょう!!

3d97a148ce931931c238fe92495f0ed1c4542fd1.jpg
三股駐車場から徒歩10分で登山口(標高約1300m)へ至ります。ここで登山届を作成・提出することができます。提出して登山スタート!!

279eef099b0541c11f28a3e1aeb8511f91717986.jpg
登ること2時間、標高2200m程度で登山道がところどころ残雪に覆われてきました。
解けかかっているため、踏み抜きに注意して進みます(結局踏み抜いた)。
アイゼンは持っていきましたが、今回の登山では使用しませんでした。ストックがあると効率よく安全に登ことができます。

c44cf42162cfb315449234f208f52eeda57badd2.jpg

そして、ついに森林限界へと達します。
これから岩がゴツゴツ出ている急坂となります。これまでの山道も急坂であったため、これはキツい!

2872ca9438b7451a77ba8876501c6a7713ffa059.jpg
頑張って登っていると、なんと富士山が!!素晴らしい天気に感謝です。
余談ですが、富士山は7月に再び登る予定であり、非常に楽しみです。

49f0fc484009a2b33404090c9b46d0387da4828e.jpg
そして急坂を登り終えると、待ちに待っていた稜線歩きとなります。
周りは雲海となっており、まさに天空の稜線。ちなみに稜線も残雪がありました。

そして最後にひと登りして、ついに、、





2df7cad1c812916cc45004b7c5a68cbb93e9f218.jpg
山頂!!!!

26b2f532a9236d9958892967ac2fdcb5b0688553.jpg
大展望!!!!
後ろに槍ヶ岳が見えます。本当に素晴らしい景色でした。
山頂に三十分程度滞在した後、来た道を降りて下山しました。
今回は天気に恵まれた大満足の山登りとなりました。
登山中にお声をかけてくれた方々ありがとうございました。


梅雨が明けたら、いよいよ登山シーズンが始まります。
みなさんも思い切って登山を始めてはいかがですか??
山の装備などのご相談、お待ちしております!
全力でお答えします!

*注意*
今回の三股登山口からの常念岳登山は距離が長く、急坂であり、大きな岩が連続している登山道であるため、健脚者向けのルートです。体力に自信のない方や初心者の方にはおおすすめ出来ません。


【THE NORTH FACE 浜松佐鳴台】
 
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2017.05.02 17:25

4月30日に開催された「奥三河パワートレイル」にスタッフ西村が参戦してまいりました。
c975e1c467c02283c31fe9d4e3d4f84d5ea0e049.jpg浜松からもほど近い奥三河の山々。
アップダウンの激しい70kmのコースを短い制限時間の中で駆け抜けなければならない、国内屈指の難易度を誇るトレイルランニングレースです。
7909b69701c9f698875210f7a01a4de02229a08c.jpgスタート地点、愛知県最高峰の茶臼山高原は気温5℃。
とにかく冷たい風をスワローテイルフーディーでしのぎます。
5df96dd8a906b23464bdcc3ecdc4f2853ac2da72.jpg前半は下り基調の走りやすいトレイル。
高原の風も気持ち良く感じるようになり、快調に足を進める
・・・
・・・はずでしたが、下りの振動が効いたのか、胃痛に襲われ第1関門前で大ブレーキ。

第1関門でもある小松エイドでのリタイアも頭によぎりましたが、薬で少しおさまってきたので前へ。
1b65dc881b36440953d0c2288e7d8bfcbe584d84.jpgあと一歩きつくなったらクライミングですやん、な岩場をよじ登り・・・
93a5b3f4bc058ffe4e20b9eb9e57941a57759c2f.jpg補給所であるエイドでは地元の皆さんのパワーをいただき力に変えていきます。
980c41a36abba7d9ecfc5f7f202a70e29b289922.jpgなんとか最後まで走りきり、11時間53分でゴール!
8fdeafa2d7c3d4f1740ee785ca094d4a4258cae9.jpgここから一気に日が落ち、ゴール会場はお祭りのような良い雰囲気に。

ここの所の練習不足と胃痛がなければもう少し頑張れたかなという気もしますが、トレイルランニングレースはそれらも含めて一つの旅のような物なのですね。

今回ご一緒できた皆様、お疲れ様でした。次も良い旅にいたしましょう!


【THE NORTH FACE 浜松佐鳴台】
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2017.04.19 18:39

Tags :
ソーシャルブックマーク:

2017.04.07 17:56



NP2710N  

Mountain Wind Jacket  ¥23,800+tax



5c16cbed7d326da656abc6bac9952cde93b2b410.jpg



リップストップ素材を使用したナイロンジャケット。




3df3744744297874706530f655d0b24d8276dce9.jpg



程よいシワ感と軽さが特徴的でこれからの季節に活躍します。




9cadd5431b1fcec807648688dc9453bc8848faff.jpg



携帯性に優れます。
バッグの中に忍ばせられるサイズ感になります。






                     【THE NORTH FACE 浜松佐鳴台】

                                TEL:053-449-3765

                        OPEN 11:00    CLOSE 21:00

830f10f3c9302269a5b2029439d40af39b8d3402.jpg

                          Instagram:@tnf_hamamatsu
Tags :
ソーシャルブックマーク:
LINK NEUTRALWORKS. SHOP LIST WEB STORE 会員特典 SNS