THE NORTH FACE

【BLOG PORTAL TOP】 > 【THE NORTH FACE】 > 【+ グランフロント大阪店】

2017.06.09 17:53




知っていますか?
関西最高峰が何処にあるか。



奈良県天川村、大峯山系に位置する八経ヶ岳。
古くは修験道の道として多くの修行僧が目指した山。
八経ヶ岳を含む大峯奥駈道は、修験道の行者場として今もその歴史を守り続けている。

かく言う私も数年前までは全く知りませんでした。
その周辺にさえも行ったことがなく、いつかは行きたい、
と思いながらもなかなか足が向かない地域でした。


今回は連休をいただいたので、初めてのテント泊をしようと考え計画したのが始まりでした。




天川川合〜狼平避難小屋〜弥山〜八経ヶ岳
往路:約5時間半
復路:約4時間10分
※全て休憩含む


iphone_photo_


電車とバスを乗り継ぎ登山口に到着。
今回選択したのは、天川川合より登るルート。
行程は長いが、公共交通機関を使って入山出来る唯一のルート。
行者還トンネル西口ルートに比べると、クラシックなルートとして知られています。

iphone_photo_
iphone_photo_

コースはほとんど登りだが、ゆるやかで歩きやすい。
夏道はしっかりと踏み固められているので、道迷いをすれば自分の足が教えてくれる。


iphone_photo_


登りはじめて約4時間半、狼平避難小屋に到着。
弥山小屋の方が管理されていてとても綺麗。
綺麗な川が流れ、水は汲み放題。
ロケーション最高です。

iphone_photo_

ここから約1時間かけ弥山へ向かいます。

iphone_photo_
iphone_photo_

森林限界に入り、白化した樹木が目立ちはじめます。

iphone_photo_

八経ヶ岳が見えてくるともうすぐ。

iphone_photo_

弥山に到着。
山頂は、天河大辯財天社奥宮。
麓の天川村に本宮があり、水の神様、芸能の神様として知られています。


荷物をデポし、八経ヶ岳をピストン。

iphone_photo_
iphone_photo_

テントは八方国見睨に立てました。
本日のテント場は私のみ。
弥山小屋に宿泊された方は数名いらっしゃった様です。

iphone_photo_

翌朝は小屋裏からご来光を拝み、本日の山行の安全祈願を。
今回はピストンなので、来た道を戻るだけ。
戻るだけ、なのですが、疲れた体には道幅狭い登山道も危険のひとつ。

iphone_photo_

車の音が聞こえ、空気が変わった頃にはもうすぐ麓。
やっと山行が終わる、という嬉しさと、名残惜しさが入り混じる。

今回の山行は不安だらけでしたが、
下山してみるとまた行きたいと思ってしまうから不思議です。

iphone_photo_



ありがとうございました。






TEXT:Naoko Onishi



■tnf_grandfront_osaka■
 
THE NORTH FACE + グランフロント大阪店
TEL:06-6485-7805
Instagram:tnf_grandfront_osaka
Twitter:@TNF_OSAKA



CLICK HERE↓
 
 
 
 
 
iphone_photo_
@TNF_OSAKA


iphone_photo_
@tnf_grandfront_osaka
 
 
 
 








 
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2017.05.26 15:01






先日、KIDS NATURE SCHOOLイベントの下見に、
六甲山系再度山周辺へ行ってきました!



新神戸駅〜市ヶ原〜再度山(ふたたびやま)〜高雄山〜新神戸駅



iphone_photo_

新神戸駅からスタート。
ハイカーに人気の摩耶山へ続くルートだけあって、平日でも人が多い。


滝の音を聞きながら川沿いを歩くとすぐに布引の滝に到着。


iphone_photo_

「日本の滝100選」にも選ばれている人気の観光スポット。


iphone_photo_

布引ダムを進むと、市ヶ原に到着。


夏はバーベキューを楽しむ人が多く、
神戸市民の憩いの場として知られています。


iphone_photo_

iphone_photo_

市ヶ原より再度公園へ向かい、その周辺をRunning!


iphone_photo_

アップダウンのある道を走り抜けます。
そこまでキツくないので、自分の調子が段々あがってくるのが分かるような楽しいコース。


iphone_photo_

iphone_photo_

いくつものピークを越え、開けた場所に出た時の爽快感が何とも気持ちいい。


iphone_photo_

iphone_photo_

トレイルランニングは、街中を走る時とは違い、
空気が澄んでいるのでリラックスしながら走ることができます。

豊かな自然の中に入り、身体が軽くなったような、
どこにでも行けそうな気持ちにさせてくれます。

トレイルランニングには技術が必要…難しそう…
そう思っている方も思い切ってはじめてみませんか?


iphone_photo_

6月18日には、再度公園周辺を走る"Family Trail Running"イベントを開催します!
ゲストランナーに鏑木 毅氏をお迎えし、
初めての方にも楽しんでいただける内容です。

ぜひ奮ってご参加ください!



※実際に走行するコースとは異なります。
※お申し込み等詳しい情報は、下記HPをご覧ください。
※ご不明な点あれば、お気軽に当店までお問い合わせください。


THE NORTH FACE KIDS NATURE SCHOOL 2017



Text:Naoko Onishi




■tnf_grandfront_osaka■
 
THE NORTH FACE + グランフロント大阪店
TEL:06-6485-7805
Instagram:tnf_grandfront_osaka
Twitter:@TNF_OSAKA



CLICK HERE↓
 
 
 
 
 
iphone_photo_
@TNF_OSAKA


iphone_photo_
@tnf_grandfront_osaka
 
 

Tags :
ソーシャルブックマーク:

2017.05.04 10:00





4月25日 伊吹山


実は世界一の積雪記録を持つ伊吹山。
雪が多いことで知られているが、それも例年で言うと3月まで。
4月すぎて残雪なことは珍しく、今年は4月中頃まで残雪シーズンを楽しめたらしい。


伊吹山に行こうと思い、日程は決めたが雪の状態が不安で、
ひと月以上も最新情報をチェックしていました。
幸い、行く頃には雪も解け山頂付近に少し残るほどでした。


iphone_photo_

登山口からスタート。
1合目までの急登ですでに息切れ。


iphone_photo_


iphone_photo_


iphone_photo_

3合目付近までは花も咲いていて、伊吹の春山シーズンを感じることができました。


iphone_photo_

3合目からは、
前を向くとこれから行く道、
後ろを振り返ると今までに来た道、
ルートが見えることが面白い。


一歩一歩進んでいるんだなあ…と実感。


iphone_photo_

8合目からは岩場に。
この辺りから吹く風がひんやりしてきました。


分かれ道の看板を過ぎるともうすぐ山頂!
…のはずが、雪で道が塞がれていました。
さらに、雪解け水で足元が悪い。慎重に歩きます。


iphone_photo_


iphone_photo_

山頂からの景色は、天気も良く遠くの山までハッキリ見える。
山の名前までは分からなかったので、修業が必要です。


iphone_photo_


iphone_photo_

皆様にとって良いGWになりますように!

沢山のフィールドを楽しみましょう。


iphone_photo_



Text:Naoko Onishi



■tnf_grandfront_osaka■
 
THE NORTH FACE + グランフロント大阪店
TEL:06-6485-7805
Instagram:tnf_grandfront_osaka
Twitter:@TNF_OSAKA



CLICK HERE↓
 
 
 
 
 
iphone_photo_
@TNF_OSAKA


iphone_photo_
@tnf_grandfront_osaka
 
 

 

Tags :
ソーシャルブックマーク:

2017.03.22 19:46





2017.03.21
UMEKIRA★STYLE
「自然とふれあって心を整える~山に登って体幹から美しく~supported by THE NORTH FACE」



What's UMEKIRA★STYLE ?

グランフロント大阪がプロデュースする、
自分らしいライフスタイルを大切にしている"オトナ女子"の
「自己実現」「女子力アップ」をサポートするコミュニティ。


今回初めてTHE NORTH FACEとコラボレーションをしたイベントを開催しました!


休日を豊かに過ごすため…
自然とふれあう…
ストレッチやトレーニングで美しく…


それぞれをテーマに、新商品のファッションショーや近隣のフィールド紹介、
そして、簡単な体幹トレーニングを行いました。

iphone_photo_

先日発売し、すでに完売間近の「THE NORTH FACE ×minä perhonen」のコラボレーション商品についてご紹介。

THE NORTH FACEはレディース商品も数多く扱っていること、
minä perhonenとコラボレーションすることで
多くの人にブランドを知って頂きたいという想いを伝えました。

iphone_photo_

そして、実際に「THE NORTH FACE ×minä perhonen」の商品を、
モデルに着用いただき、テーマに合わせたスタイルをご紹介。

iphone_photo_

TREKKING、LIFESTYLE、CAMP、TRAVEL、GYM…

アクティブに動きやすく、
女性らしいシルエットで着こなせるSTYLE。

iphone_photo_

iphone_photo_

関西近郊の、自然を感じれる
おすすめハイキングコースをご紹介。

iphone_photo_

大和葛城山や千本桜で有名な吉野山、伊吹山、雪彦山など、
ビギナーさんにもおすすめの定番コースから、
コアなコースまで幅広くお伝えしました。

iphone_photo_

そして、最後はお待ちかねの体幹トレーニング!

お仕事終わりの疲れをほぐすトレーニング法をレクチャー!
家でも会社でもちょっとした空き時間に出来る簡単なもの。

iphone_photo_

まずは呼吸から整え…

肩甲骨をほぐし、

タオルを手に、全身を使ってストレッチ!

iphone_photo_

じんわりと汗が出て、
体がぽかぽかしてくる頃には、
心も体もスッキリしたような気持ちに!

iphone_photo_

今回ご参加くださいました皆様、ありがとうございました!

山に登って自然とふれあうことで、
心も体も整えられます。

ぜひ休日をアウトドアフィールドで豊かに過ごしてみてはいかがでしょうか。

iphone_photo_


ありがとうございました。



※当イベントはグランフロント大阪UMEKIRA★STYLE 会員様対象のイベントです。
※モデル着用商品は残りわずかとなっております。詳しくはお気軽にスタッフまでお問い合わせください。



Text:Naoko Onishi




■tnf_grandfront_osaka■




THE NORTH FACE + グランフロント大阪店
TEL:06-6485-7805
Instagram:tnf_grandfront_osaka
Twitter:@TNF_OSAKA


CLICK HERE↓
iphone_photo_
@TNF_OSAKA


iphone_photo_
@tnf_grandfront_osaka

Tags :
ソーシャルブックマーク:

2017.02.27 13:59






さてさて、更新が遅くなりましたが先日の休館日を利用して行いました
アウトドア研修の後編です。


晴天の下、最高のランチを満喫し、午後はトレッキングです!


iphone_photo_


​まずはバックパックのパッキングから背負い方を実演を交えて確認します。
​荷物の配置や実用的な道具のパッキング方法など、
トレッキング上級者からの有効なアドバイスを吸収します。


iphone_photo_※当店のスタッフです。



次にシューズの履き方、フィッティング。
​サイジングやシューレースの締め方など、
一番負荷がかかる部分だからこそ重要なポイントです。



iphone_photo_


iphone_photo_


全員で装備を確認して、いざアタック開始です!



iphone_photo_


​キャンプ場脇の利用者が少ない登山道の為、
道には落葉が多く積もっています。
​しっかりと足元を確認しながら進まなければ
低山と言えども滑ってしまいます。



iphone_photo_


iphone_photo_


iphone_photo_※当店のスタッフです。



途中で休憩をはさみ、登山での休憩時における山の楽しみ方を談笑。


iphone_photo_

iphone_photo_


​短いコースでしたが要所で急斜面もあり、
様々な場面を想定してトレッキングを経験することが出来ました。



​最後は全員でハイタッチ!!


iphone_photo_


iphone_photo_


iphone_photo_


​チームの団結も高まり、よりお客様とアウトドアを
共有できる良い経験をすることができました!



日に日に暖かさを感じる今日この頃。
​みなさまもフィールドに足を運んでみましょう!





■tnf_grandfront_osaka■
 
THE NORTH FACE + グランフロント大阪店
TEL:06-6485-7805
Instagram:tnf_grandfront_osaka
Twitter:@TNF_OSAKA


CLICK HERE↓
 
 
iphone_photo_
@TNF_OSAKA


iphone_photo_
@tnf_grandfront_osaka
 

Tags :
ソーシャルブックマーク:

2017.02.24 15:46







先日の休館日を利用してスタッフでアウトドア研修を行いました。



​アウトドアで必要とされる知識と経験をしっかりと身に付け、
​今以上にお客様にベストなご提案が出来るように
スタッフが更にレベルアップするというナイスな活動です。


iphone_photo_


場所は箕面にある「スノーピーク箕面キャンプフィールド」
​冬の寒さは残るものの当日は文句無しの晴天!
​日頃の行いが良いスタッフの割合が多いことで有名な
グランフロント大阪店、流石です...。


iphone_photo_

iphone_photo_


TNFで身を固めたスタッフが続々と集まり、自社ブランドでありながら
​その風景はこれから始まるワクワクを加速してくれます。


iphone_photo_

iphone_photo_

iphone_photo_


​まずは数ある商品の中でも店頭ではなかなか組み上げるチャンスの少ないテント!
​今回は代表的なモデルを幾つか用意して実際に張っていきます。


iphone_photo_


大まかな仕様やポイントを確認、張る上でのコツや
状況に応じた道具の使い方を実践します。


iphone_photo_

iphone_photo_

iphone_photo_


ここは日頃の店頭でのチームワークがモノを言います!


iphone_photo_


​と、その脇では並行して昼食準備!


iphone_photo_

iphone_photo_


​スタッフの集中を削がんばかりのたまらない香りを漂わせます。
​数名のスタッフの目線はテントでは無く、鍋の中へ...


iphone_photo_

iphone_photo_

iphone_photo_

iphone_photo_

iphone_photo_

iphone_photo_



​幾多の誘惑に打ち勝ち各チームのテントが次々と完成。


iphone_photo_

iphone_photo_

iphone_photo_

iphone_photo_


​そして最後は我がTHE NORTH FACEが誇る「2 Meter Dome」
全員で協力してこの大物に取り掛かります!


iphone_photo_

iphone_photo_


極寒、猛吹雪の環境下でもびくともしないこのテントは計12本の
​フレームからなる頑丈なつくり。


iphone_photo_


すべてのフレームを通したら大きな人が中に潜り込んで
中央から持ち上げます(この場合は186cmの僕です...)


iphone_photo_


​最後に床とフレームを組み合わせ


iphone_photo_


​完成です!!

​見てくださいこの大きさ!広さ!
室内で大きな人がはしゃいでも余裕です(この場合も僕です。)


iphone_photo_


完成後にみんなで一枚!


iphone_photo_


この2 Meter Domeの出来上がる様子をInstagramの
タイムラプス機能でアップしています!
@tnf_grandfront_osaka



iphone_photo_


ご褒美の昼食にありつく前に自分の火は自分でおこせ!
​と言わんばかりに各種火器の仕様確認。
​ここでも我らTNFスタッフの研修に抜かりは御座いません!


iphone_photo_


​冷えた体に染みる温かな昼食。
​腹ごしらえをして午後の研修に備えます。


iphone_photo_


​続きはトレッキング編をお楽しみに!






■tnf_grandfront_osaka■
 
THE NORTH FACE + グランフロント大阪店
TEL:06-6485-7805
Instagram:tnf_grandfront_osaka
Twitter:@TNF_OSAKA


CLICK HERE↓
 
 
iphone_photo_
@TNF_OSAKA


iphone_photo_
@tnf_grandfront_osaka
 

Tags :
ソーシャルブックマーク:

2017.02.22 12:30





2月15日


2017年に入って一ヶ月半、今更ですが山始めをしてきました。
春夏には何度か登ったことのある山ですが、
この時期、しかも積雪がある時に登るのは初めて。


ルートは、葛城登山口〜北尾根ルート〜山頂〜櫛羅の滝ルート。


ロープウェイがある登山口からしばらくの所はぬかるんでいましたが、
週末の寒波の影響のせいか、思ったより積雪があって驚きました。


iphone_photo_

北尾根ルートを抜けると、ダイヤモンドトレイルと合流します。

いつもの道・・・が雪で覆われいつもと違う風景に。


iphone_photo_

雪で覆われていても、ダイヤモンドトレイル名物の階段は辛いです。


iphone_photo_


iphone_photo_


iphone_photo_

登っている時は晴れていたのに、山頂に着くと曇り空。
天気は残念でしたが、風もほとんどなく過ごしやすい気候でした。


iphone_photo_

行きと違い、帰りのコースは雪が踏み固められ凍り、
アイスバーンになっていました。
その為、無雪期の下山よりも時間がかかってしまいました。


iphone_photo_

この時期の登山は特に天候の影響で、
山の景色はもちろん登山道の状況まで変わってしまいます。
雪はなくても、登山道が凍っている可能性があります。
安全のため常に情報収集をして登山に臨むことが大切だと改めて感じました。

雪山はいつもの山も、いつもと違う風景を見せてくれます。
”非日常”の雪山の魅力を感じることができ大満足の山行でした。


関西圏のシーズンはあともう少しです。
2017年の冬山を楽しみましょう。




TEXT:Naoko Onishi





■tnf_grandfront_osaka■
 
THE NORTH FACE + グランフロント大阪店
TEL:06-6485-7805
Instagram:tnf_grandfront_osaka
Twitter:@TNF_OSAKA


CLICK HERE↓
 
 
iphone_photo_
@TNF_OSAKA


iphone_photo_
@tnf_grandfront_osaka
 

Tags :
ソーシャルブックマーク:

2016.11.21 12:30







【雪彦山〜Trekking Report〜】


10月31日

兵庫県姫路の北に位置する、雪彦山へ行ってきました。

日本三彦山として知られている修験道の地。
関西屈指のクライミングスポットとしても有名です。



iphone_photo_

ルートは、出雲岩から大天井岳山頂を通り、虹ヶ滝を回るショートコースを選択。


登山口すぐから急登が続きます。
ハイキングというよりはアスレチックな山です。


iphone_photo_

普通、登山道からすぐは平坦な道・・・?

と考えてしまう程の急な登り。
辛い、けどアスレチックポイントが楽しくてサクサク進めてしまう。


iphone_photo_

出雲岩

圧倒的な存在感のある巨岩に感動・・・。


iphone_photo_


iphone_photo_

大天井岳山頂に到着。

ランチタイムをしてから、下山開始。


iphone_photo_

帰りは地蔵岳を通り、虹ヶ滝へ降りる激下りコース。
緩やかな初級コースと上級コースが選べますが、ここは上級コースを選択。

ほぼ垂直の壁を鎖を使って降りていきます。
慎重に一歩一歩。


iphone_photo_

地蔵岳への分かれ道。

ザックをデポし、その頂きへチャレンジ。

”キケン!”と書いているように、足場も少なく、鎖もないので、
自信がない人はチャレンジしない方が無難です。


頑張ってたどり着いた頂上からの景色は本当に最高でした。


iphone_photo_

知る人ぞ知る名山・雪彦山は、登山者を飽きさせない面白いルートが印象的でした。

周回ルートも気になるし、同じルートを経験値積んでまた行きたい!
と思わせてくれる山でした。





TEXT:Naoko Onishi



■tnf_grandfront_osaka■
THE NORTH FACE + グランフロント大阪店
TEL:06-6485-7805
Instagram:tnf_grandfront_osaka
Twitter:@TNF_OSAKA


CLICK HERE↓

iphone_photo_
@TNF_OSAKA


iphone_photo_
@tnf_grandfront_osaka

Tags :
ソーシャルブックマーク:

2016.10.22 12:30






先日、社内の上級者登山研修で白馬岳に行って来ました。

白馬岳山麓の白馬エリアは登山だけでなく、冬季は多くのスキーヤーが訪れる日本有数のアウトドアフィールド、白馬駅周辺には多数のアウトドアショップがあり、THE NORCE FACEのフィールドショップ、THE NORCE FACE GRAVITY HAKUBAも一年を通じて、白馬に訪れるアウトドアマン達をサポートしています。

今回の研修では栂池自然園〜白馬大池山荘〜白馬岳〜天狗山荘〜猿倉のルートを縦走する2泊3日の山行。

栂池高原から自然園まで約1000m、ロープウェイを乗り継いで標高を稼ぎます。

iphone_photo_

ロープウェイを降り少し林道を歩くと栂池山荘が、登山口はこの山荘のすぐ横にあります。

iphone_photo_

白馬大池までの道のりは見晴らしの良い木道や、ガレ場の急登など山歩きの魅力を堪能できます。

iphone_photo_
iphone_photo_

登山口から約3時間半で白馬大池山荘に到着、この日は山荘前にてテント泊です。
到着後すぐ各々テントを設営し夕食の準備を開始します。

iphone_photo_
iphone_photo_

白馬岳に続く稜線と北アルプス第二の大きさを誇る大池が目の前にある最高のロケーション。

iphone_photo_

就寝前、明日の台風情報を皆で共有し、山行計画を見直しました。
話し合いの結果、ガイドの方の意見も参考にし、2日目は白馬岳手前の小蓮華山までで折り返し、栂池山荘まで下山することに。
この決断が後に吉と出ました。

2日目明朝、綺麗な朝焼けの中風を警戒してテントからポールだけ抜き、アタックに不要な荷物と一緒にテント場にデポします。

iphone_photo_

小蓮華山、白馬岳へ向かう稜線上は非常に展望が良く、北アルプスの雄大な景色を思う存分楽しめます。

iphone_photo_

新潟県の最高峰、小蓮華山山頂にて記念撮影。
山頂からは天気が良ければ遠く槍ヶ岳の姿も望むことができます。

iphone_photo_

大池山荘まで登ってきた稜線を下って行きます。
途中、子連れの雷鳥も見ることができました。

iphone_photo_

大池でデポしたテントを片付け、天候が悪化する前に急いで下山します。
途中、少し雨に降られましたがなんとか無事、栂池山荘まで下山できました。
2日目の夜、台風が近づいていますが特別に山荘の方に許可を得て、付近にテントを張ります。

iphone_photo_

天気が悪い中、あえてトレッキングに出かけたり、テント泊してみるのもまた勉強、山の楽しみの一つです。

最終日の朝、昨晩テントが風に揺られ、あまり眠れなかったのか皆寝不足気味。
僕は耳栓とアイマスクのおかげで台風の中熟睡できました。

iphone_photo_

今回、悪天候を見越して下山したため目的の山頂には立てませんでしたが、
結果悪天候で怖い思いをすることもなく、最後の最後にこれ以上ない大きな虹を見ることができました。

iphone_photo_

今回の山行では、時に希望的観測をせず、冷静に下山の道を選ぶことも大切な山登りスキルだと学びました。
そしてそれも一つの山の楽しみ方であると最後の虹を見て実感することが出来ました。

皆さんもぜひ、様々なアウトドアの形を通して、日本有数のこの素晴らしいエリアに足を運んでみてはいかがでしょうか。




TEXT:Koutarou Mine




■tnf_grandfront_osaka■
THE NORTH FACE + グランフロント大阪店
TEL:06-6485-7805
Instagram:tnf_grandfront_osaka
Twitter:@TNF_OSAKA


CLICK HERE↓

iphone_photo_
@TNF_OSAKA


iphone_photo_
@tnf_grandfront_osaka

Tags :
ソーシャルブックマーク:

2016.09.13 12:52




8月30日〜9月1日

もう下界でも季節が変わる頃、山ではすっかり秋になっているでしょうが、夏の終わりに行った山行の話をさせてください。


先日、スタッフ4人で槍ヶ岳へ行ってきました。


iphone_photo_

出発は30日の夜。大阪から平湯温泉へ。
平湯温泉の駐車場からタクシーで上高地へ向かいました。

上高地〜槍ヶ岳山荘 約9時間20分
槍ヶ岳山荘↔︎槍ヶ岳山頂 約1時間
槍ヶ岳山荘〜上高地 約8時間30分

※全て休憩含む

今回の山行は個人的に、初めての山小屋泊、初めてのアルプス、初めての3000m級、など初めて尽くしで体力にも不安があり、ドキドキしながらこの日を迎えていました。
でもそのドキドキの中にはワクワクもあり、当日は憧れの槍ヶ岳に登れる!という高揚感でいっぱいでした。

長野の地に降り立った時から空気の違いに驚きました。

タイトスケジュールのため、上高地は早足で歩きましたが、駆け抜けてしまうにはもったいない程、空気が澄んでいて気持ちいい。


登りはじめて6時間半、最後の水場を抜けると、やっと槍の全貌を見ることができした。

ゴールが見えると近い気がしてしまうのですが、ここからが遠い…。

でも目標が見えていると、ココまで頑張ろう!と自然と力が湧いてくるような気がします。
特にこの日は台風一過の最高な天気の中で、北アルプスの山々が後押ししてくれるような気分で歩けました。


iphone_photo_

槍に近づくにつれ、岩壁にへばりつく登山者の姿が見えてきます。
ゴツゴツとした岩のどのルートを登るのか、登頂が楽しみになってきました。


iphone_photo_

iphone_photo_

山荘に着いたら、チェックインを済ませ夕食まで待機。

山の天気は変わりやすい…あんなに綺麗に晴れていたのに、あっという間にガスがでて寒くなりました。台風の影響で風が強く、体感温度もさらに下がります。


iphone_photo_

翌朝、御来光を拝んでからアタック開始。


iphone_photo_

登り始めた瞬間恐怖が襲ってきました。

荷物は山荘にデポしてきたので、持っているものはせいぜい水とカメラのみ。身軽で登っているから足取りも軽やか…のはずが。


iphone_photo_

iphone_photo_

常に緊張状態で、足がすくむとはこのことだろうかとぼんやり考えながら、決して下を見てはいけない、と自分に言い聞かせていました。

仲間にアシストしてもらいながら、ついに登頂。


iphone_photo_

iphone_photo_

タイトなスケジュールの中、体力にも不安を覚えていましたが、無事に4人で登頂することが出来ました。


iphone_photo_

憧れの槍ヶ岳、最高な天気の中での山行は心があらわれるような、特別な気分にさせてくれる旅でした。


iphone_photo_




TEXT:Naoko Onishi





■tnf_grandfront_osaka■
THE NORTH FACE + グランフロント大阪店
TEL:06-6485-7805
Instagram:tnf_grandfront_osaka
Twitter:@TNF_OSAKA


CLICK HERE↓

iphone_photo_
@TNF_OSAKA


iphone_photo_
@tnf_grandfront_osaka
 

Tags :
ソーシャルブックマーク:
LINK NEUTRALWORKS. SHOP LIST WEB STORE 会員特典 SNS