2018.4.27

“Climb Light Jacket”

ザ・ノース・フェイス

“Weight 270g (Large Size)”

クライムライトジャケットは元々、山岳用のアルパインシェルとして作られた。

ゴアテックスであること、シンプル・ミニマルである事には

開発当初から変わっていない。

【simple・・・簡素 minimal・・・最小】

では、現在の”Climb Light Jacket”とは?

日本独自の文化として、雨天が多く”レインウェア”という言葉が存在する。

レインウェアの広義では、「頭巾付きの上着、風雨が入らない。

雨が降ったとき着るもの、出来るだけ携行性に優れ、安価であること。」などが挙げられる。

しかしながら同じゴアテックスであるのに、雨の日にしか着ないと決めつける必要性はない。

無駄のないシェルブルゾンとしても進化するべきではないのか?

”minimal is multipurpose ・・・最小、且つ多様性であるもの”

これを体現するouterwearが必要である。

The North Faceのあくなき探究、”NEVER STOP EXPLORING”が生んだ一着。

それこそが、クライムライトジャケット。

レインウェアに求められる防水性には徹底的にこだわり

フラップの角度、シームシーリングをしても水は毛細管現象により衣服内に侵入してくるため

切り替えの角度やフードのつばの形状に。

カバー率の高いアルパインフードに特化し過ぎず、

被っていない時のバランスや、着用時の視界の確保などのバランスも何度も試作を繰り返し修正し、

ヘルメットの着用を前提としながらも運動追従性に優れた

頭蓋骨を斜め下からフォローするアジャスターの角度もうみだした。

こだわりぬいたパターンメイキングから生まれたフィットとシルエットで

夏山登山に必要なウェアリングに対応しつつも、無駄をなくし風にあおられない美しいシルエットに。

また、バックパックを背負ったまま腕が稼働する「PACシステム」を採用することで

自転車やカヤックなど異なるムーブにも対応可能。

表地は20Dと言う極めて細いナイロン糸を使用。

軽いながらも強度が高く、更に特殊な膨らみのある加工を施しているので

肌触りがよく長時間着ても体への負担が少ない。

裏地にはGORE-TEX®Micro Grid Backerを使用し、

ファブリクス裏面の耐摩擦性と、ウェア自体の透湿性・軽量化を実現。

ただコンパクトになる、・着心地の良いだけではない。

GORE-TEX®の機能性をもって完成する、THE NORTH FACEのロングセラーアイテム。

“Climb Light Jacket”

単に防水ウェアと、一言では語れない一着。

THE NORTH FACE PLAY

2F TOKYO MIDTOWN HIBIYA,

1-1-2 Yurakucho,Chiyoda-ku,Tokyo 100-0006,Japan

Call(81)3-6812-7144

シェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
THE NORTH FACE
  • 82
  • THE NORTH FACE PLAY
  • 〒100-0006
  • 東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 2F
  • TEL:03-6812-7144
  • OPEN:11:00~21:00

Instagram account
@tnf_play

過去の記事

THE NORTH FACE
THE NORTH FACE PLAY
〒100-0006
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 2F
TEL:03-6812-7144
OPEN:11:00~21:00

Instagram account
@tnf_play

よく読まれているショップブログ

よく見られているスタイリング

“Climb Light Jacket” TOPへ
SCROLL MENU