2018.6.15

【飛騨高山ウルトラマラソン】|THE NORTH FACE FLIGHT TOKYO

ザ・ノース・フェイス

2018/06/10(日)
飛騨高山ウルトラマラソン 100km 完走の軌跡

「トラブル」「諦め」「友人の助言」「選択」「復活」

今回、ウルトラマラソンに挑戦して自分の弱さと強さを発見しました。

去年の自分を超るため今年も挑戦します。
目標は、
①全てトラブルなく順調にいってサブ10
②後半歩いてしまってサブ11
③トラブルにより制限時間(14時間)内の完走


100kmという長い道のりのウルトラマラソンでは何が起こるか分からない。誰もがゴールまで辿り着けるとは限らない、成功が保証されていない旅である。スタートラインに立った時、緊張と不安がピークになり、それと同時にこれから始まる冒険へのワクワクが込み上げてくる。

4:45 スタート
天気予報、曇り時々雨 湿度53% 最高気温25℃

トラブルの前兆

8:25 35km地点で標高を上げている為か眠気に襲われペースダウン。同時に足の小指に違和感を覚えはじめる。この時点でサブ10は難しくなる。

9:05 40km地点 コース最高地点 1345m 足の小指の痛みをかばって走っていた為、フォームが崩れ、関節も痛み思った様に走れなくなる。更にここからの下りで膝へのダメージを最小限に抑えておきたい。

10:20 49.5km 楽しみにしていたピノ。いつもの倍美味しく感じる。

10:30 50km通過

11:25 第3関門 57.2km エイドの充実感は飛騨ならではである。
飛騨牛は去年より美味しく焼けていた。一通り食しエネルギー補給。

11:50 千光寺アタック手前の71kmと100kmの分岐点。多くの人はココで左に行きたいと思うはずである。

12:10 千光寺 着
仁王門では三味線でのお出迎え。

12:54 痛みに耐えかねて、一度シューズを脱いでみる。
水膨れが酷くまともに走るのは困難。一歩一歩前に進むのがやっとの状況。

14:30 第4関門通過 とらふぐ
ほぼ歩きのペースとなる(9:00〜10:00/1km)
このままでは関門時間に間に合わない

14:45(残り25km 制限時間まで4時間)
もう完走は諦めるしかないのか?

77.9km地点のエイドで友人と出会う

少し並走するも自分のペースが遅過ぎる為、先に行ってもらう。その別れ際に労いの言葉をくれた。

「無理してね!」

「えっ!」意表を突かれた。正直もう無理してるし限界だ。
でもその言葉で自分の中の何かが吹っ切れて「完走」諦めるのをやめた。

「ここまで来たんだから、ね。」

もう残り20kmを切っている。気持ちが楽になり、痛みの向こう側にシフトして何かを超えた感じだった。走れる。我慢できる。とにかく完走を目指そう。もう少し無理してみよう。
そしてまた友人と並走する。

それを求めた訳ではないのだが、友人は自分の分は使ってしまったからと、他のランナーにロキソニンを持っていないか尋ねてくれた。
なんて優しいんだと思いながら並走していると、譲ってくれる方を発見。
私設エイドで水をもらい、ロキソニンを飲む。

「ロキソニンを使うという選択」

自分の中で、痛み止めの薬は副作用のダメージもあるので可能な限り使わないと決めていたが、しかし痛みを堪えた今の走り(歩きに近い)では、完走は難しい。
そして、ロキソニンを飲む事を選んだ。完走する事を選んだのだ。

すぐに痛みは消え、友人と並走し完走を目指す。走れる様になった事に気付いた友人は気を遣って背中を押してくれた。

「先に行って。ラスボス倒して来て!」

友人と一緒にゴールしたかったけれど、お互いの完走を約束し前へと走り出す。
残り15km 復活した走りでまっすぐゴールを目指した。

友人のおかげで、90km地点のラスボスを歩かず倒す事が出来た。不思議な感覚だった。自分の力以上のものが出ていた気がする。

17:30 第5関門 足早に猪汁と清見サイダーを飲んでエイドを出た。写真を撮る事は忘れていた。

ゴールは、もう、すぐそこだ。

残り1km

なぜだろう?ここまで来れた安堵感はあるのだが、もう終わってしまうと思ったのは自分だけだろうか?

18:09:30 ゴール!(記録:13時間24分30秒)

完走を諦めかけ、友人の助言で刺激を受け、奇跡的に復活し、ゴールで受け取ったメダルは実際の重さよりもずっしりと重く感じた。

高度上昇量 1,808m

アフターケア

■むくみ
マッサージ・血行促進・ゲイター
■筋肉痛
アイシング・温熱療法・血行促進・軽い運動・睡眠・ストレッチ

おすすめアイテム

100DRY TANK NU61702
汗冷え対策はもちろんのこと、ベタつきや肌擦れ対策にも有効です。
Inspiration Gaiters(UNISEX)3F06340
段階着圧による血行促進効果で、むくみや筋肉痛のリカバリーに。
■OOFOS リカバリーサンダル WS-OF001
トングタイプのサンダル。衝撃吸収と足裏アーチサポートは酷使した足に最適です。

使用アイテム

S/S HYPERVENT CREW NT11875
FLYWEIGHT RACING SHORT NB91776
ULTRA REPULSION SMOOTH II NF51801
Novelty Element Air Half Tights 3F58500

競技をする上で結果を残す事は誰しもが望む事である。その過程の中で、痛みや葛藤と戦い、最後まで諦めずにゴールを目指す。
止むを得ずリタイアするにも勇気がいる。
困難を乗り越えてゴールに辿り着いた時、その感動を言葉にするのは難しい。完走メダルも違う重みが増して感じるだろう。

ランニングを始めた頃、ウルトラに挑戦するなんて無理だと思ってた。いや、むしろ考えた事もなかったと言った方が正しい。自分の限界を越えた世界に行くために、まずランニングシューズを履くところから始めてみてはいかがでしょう。

STAFF AKITA

THE NORTH FACE
NEVER STOP EXPLORING

シェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
THE NORTH FACE
  • 82
  • FLIGHT TOKYO
  • 〒100-0005
  • 東京都千代田区丸の内1-4-1 丸の内永楽BLD 1F
  • TEL:03-3211-8555
  • OPEN:11:00〜20:00

ハイパフォーマンス ランニングストア THE NORTH FACE FLIGHT TOKYO . THE NORTH FACE 世界初のランニングストア。過酷な環境変化の中を走るための機能性と合理性を追求した、THE NORTH FACE FLIGHTシリーズのウエアとギアを中心に展開。経験・知識が豊富なスタッフが常駐し、トレイルランニングに関するアドバイスを受けることができます。また世界のトレイルランニングやアスリートの情報を発信します。

Instagram account
@tnf_flighttokyo
shop
THE NORTH FACE
FLIGHT TOKYO
〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-4-1 丸の内永楽BLD 1F
TEL:03-3211-8555
OPEN:11:00〜20:00

ハイパフォーマンス ランニングストア THE NORTH FACE FLIGHT TOKYO . THE NORTH FACE 世界初のランニングストア。過酷な環境変化の中を走るための機能性と合理性を追求した、THE NORTH FACE FLIGHTシリーズのウエアとギアを中心に展開。経験・知識が豊富なスタッフが常駐し、トレイルランニングに関するアドバイスを受けることができます。また世界のトレイルランニングやアスリートの情報を発信します。

Instagram account
@tnf_flighttokyo

よく読まれているショップブログ

よく見られているスタイリング

【飛騨高山ウルトラマラソン】|THE NORTH FACE FLIGHT TOKYO TOPへ
SCROLL MENU