2018.8.28

登山レポート〜燕岳〜

ザ・ノース・フェイス

こんにちは!

だんだんと秋めいた気候になってきましたが、

残暑厳しい日々や不安定な気候が続いておりますね。

浜松佐鳴台TNFメンバーは8月22日、

長野県安曇野市北アルプスに位置する

燕岳(つばくろだけ)への登山に向かうべく浜松市を出発しました。

本日はそちらのレポートをしていきます!

ライターは新人の葉山、登山初心者です。

女性の登山初心者の方へのご参考になればと思います。

まず、準備段階でシューズを持っていなかったため、

THE NORTH FACE「ウルトラトレイルIII」

¥14,040(tax in)を購入しました。

軽量(片足235g)で滑りにくく、

高反発ファストフォームテクノロジー搭載の

トレイル用シューズです。

初めてのトレイルシューズの購入でしたが、

ランニングにも使え普段履きもできる点も決め手となりました!

(履いた感想の記載は終盤にあります)

〜〜ここからレポートです〜〜

浜松市を出発したのは深夜1時。
湿っぽさはあるものの天気への不安はなく出発です。

登山口付近に到着したのは5時過ぎ。
気温も低くなり風も涼しげな山道を車で走ってきました。

駐車場に向かいますが、
お盆過ぎ・平日にも関わらず第1・第2駐車場はほぼ満車…
余裕のあった第3駐車場へ。
着替え等の準備をし、6時前に登山口まで歩きます。

ダウンコートやフリース、レインウェアなども忘れずに!

準備運動も大事です。

登山口の1462m地点↓

目指す頂上は2763mです。

登山届を記入し、

9名でいざ出発(ドキドキ)

第1のベンチ(休憩スポット)まで登っていきます。が、
ここで早速スタッフ葉山の体調が思わしくありません。(早)

登山直前に朝ごはんを摂ってしまった為、

胃に負担がかかり気持ちが悪くなる

&軽い酸欠状態になっており息が荒く

少し苦しい状態となってしまいました。

もう少し早めの段階で摂っておけば良かったと反省です。

ベンチで胃薬を飲み、休憩を挟んだことで少し回復。再び登り続けます。

しかし第2ベンチを過ぎ、合戦小屋を目指す頃には

またしても気持ち悪さと更には
腹痛が襲ってきました。もうだめだ・・

他メンバーが順調に登っていく中、合戦小屋にたどり着く頃には

完全にグロッキーになってしまいました。終わった・・・

みんなはスイカ休憩です。

夏はいいですね!!

他の登山者のかたも美味しそうに食べておられました。

休憩も取ったところで一先ず他メンバーには先を目指してもらい、

私は上級者メンバー1名の付き添いで合戦小屋での待機となりました。

だんだんと薬も効き始め腹痛も和らいできたのが20分後くらい、

余裕が持てる体調まで復活。良かった、、!

付き添ってもらったスタッフと共に今度こそ頂上を目指します。

(とりあえずお昼ご飯地点の山小屋まで・・)

そのころは緩やかなペースで進み、かわるがわる景色を見て

リフレッシュしながらの登山でした。

夏らしい日が照っており日向は暑かったですが、たまに吹く高原の風に

癒されつつ1時間ほどかけて登りました。

槍ヶ岳も綺麗に見ることができました!

噂通りカッコイイです。

本当に体調が回復し良かったです。

あと少しのところ!

仲間たちが声援をかけてくれます。

そしてついに到着!(まだ頂上ではなく山小屋ですが)

自分の中ではほぼ頂上です。(笑)

先に行ってもらった仲間とは30分弱、遅れての到着でした。

(みなさまお待たせしました)

視線の先には大パノラマ、初めての壮大な景色に感動です。

どこを見ても山岳が連なる圧巻の風景が広がっています。

ここまで自分の足で登ってこられて良かったと思いました。

それから全員でお昼ご飯を共にし、

あと少し、頂上まで!

30分ほどで到着です。

めがね岩とイルカ岩を拝見ショット↓

本当にイルカに見えます。可愛らしいですね。

頂上、着きました〜!!

お天気で空の青がとってもきれいです。

つかの間風景を楽しんだあと、

いったん山小屋まで戻り、そろそろこの

標高約2700mからの風景ともお別れです。

下山は各々、ある程度好きなスタイルで下っていきます。

(もちろん大幅に集団を離れると危ないため、全員がまとまりを意識しながら)

下山中も、頂上をめざす登山者の方々とたくさん挨拶を交わしました!

ご家族でのグループもよく見受けられ、

小学生くらいのお子さんも楽しそうに登られておりました。

ようやく登山口に戻った頃には

歩行するにも足全体が重い状態でしたが

登山上級者スタッフは余裕の表情でした。凄いー!

私は下山の方が遠く長く感じました。。

ただ、この日は気候が安定していたため

登山中も寒暖差があまりなく(日差しは強めでしたが)、

地面の湿りやぬかるみが少なかったことで

下山中の足場は安定していたように思います。

今回は上級者スタッフを含んだ仲間との登山だったため

準備段階からサポートをしてもらい、登山中は

塩分・糖分の補給の大切さや休憩の取り方などを勉強することができ、

身体の変化等を自分自身で感じることができた点が収穫となりました。

次回の登山では今回の経験が活きるのだと思います。

登山にあたり購入したウルトラトレイルIIIのシューズの

感想としては、ソールの衝撃吸収性が良く安定感もあったため

足先が特に疲れにくいように感じました。

登山中は急角度で登っていく場面も多々ありましたが

グリップ力が発揮され足に力が入れやすかったです。

(気になった方は現在発売中ですので

ぜひ店頭にて試し履きされてみて下さい。

おすすめの靴下等もご案内いたします!)

以上!登山初心者の燕岳レポートでした。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます!

〜〜〜〜〜〜〜

(おまけ)最後の記念撮影中、ソフトクリーム片手に

カメラをセットしてくれるスタッフ上村さん↓

風景写真含め、たくさんの素晴らしいショットを撮ってくれました!

written by 葉山

 

シェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
THE NORTH FACE
  • 82
  • 浜松佐鳴台
  • 〒432-8021
  • 静岡県浜松市中区佐鳴台3-51-37
  • TEL:053-449-3765
  • OPEN:11:00〜20:00不定

アウトドアアクティビティに出向きやすい緑豊かな郊外に位置し、THE NORTH FACEのアウトドアギア、またライフスタイルにも適したアイテム等様々に展開。静岡県内初となるスレイヤー社製エスプレッソマシンのコーヒーもお楽しみいただけるカフェと融合したショップです。

Instagram account
@tnf_hamamatsu
shop
THE NORTH FACE
浜松佐鳴台
〒432-8021
静岡県浜松市中区佐鳴台3-51-37
TEL:053-449-3765
OPEN:11:00〜20:00不定

アウトドアアクティビティに出向きやすい緑豊かな郊外に位置し、THE NORTH FACEのアウトドアギア、またライフスタイルにも適したアイテム等様々に展開。静岡県内初となるスレイヤー社製エスプレッソマシンのコーヒーもお楽しみいただけるカフェと融合したショップです。

Instagram account
@tnf_hamamatsu

よく読まれているショップブログ

よく見られているスタイリング

登山レポート〜燕岳〜 TOPへ
SCROLL MENU