2018.10.1

「化繊わた」という選択肢

ザ・ノース・フェイス

冬の保温素材といえば「ダウン」を一番にイメージする方も少なくないはず。現在ではファッションとしても市民権を得ており、当店においても多くのお客様にダウンを求められる声を伺う。

その一方で、いまだ少数の要望しかいただけてないのが「化繊わた」。その名前通り化学繊維による中わた素材は、水濡れに強く、わたの偏りやわた抜けが少ない点より、以前から多くのアウトドアユーザーに支持を得ていたインサレーションである。山岳地帯の過酷なフィールドでは、いつ水濡れに合うか予測が立てづらく、また湿気によりダウンの嵩高が奪われることもあるため、一部では「ダウン」より「化繊わた」を携行するユーザーも目立っている。また個人的にはタウンユースとしての利便性も高く感じている。理由は上述した内容に加え、お手入れのしやすさにある。冬の寒さを凌ぐ上で防寒着はほぼヘビロテで着用しているため、飲食店のニオイや汗のニオイ等、普段の生活ならではのネックはあると感じる。その点でいえば、お手入れの容易な「化繊わた」は、早いタイミングでその都度クリーンな状態に戻せるため利便性が高いと考える。

今シーズンのTHE NORTH FACEでは「化繊わた」を使用したアイテムのバリエーションが豊富。さらにシーン毎で、その特性が活かせる素材も増え、進化している「化繊わた」アイテムへの注目が高いです。

 

THERMOBALL PRO

湿潤時においても体積減少率の少ないボール状のわたに、熱伝導性が低いエアロゲルを練り込むことにより、携帯に必要な薄さと軽さを損なうことなく、衣服内外の温度差に影響されにくい断熱層を作りだした。

Red Point Very Light Vest

商品型番:NY81807 ¥21000+tax

VENTRIX

水濡れに強いストレッチ性の高い化繊わたにベンチレーションスリットを入れることにより、停滞時に暖かく行動中に衣服内の水分を積極的に排出することを実現させた

Ventrix Hoodie

商品型番:NY81801 ¥27000+tax

一部ではございますが、只今店頭に並んでいます。

また今月より展開バリエーションも増えますので随時アップさせていただきます。

乞うご期待下さい。

 

SCIENCE OF WARMTH

ひとりの冒険家に、

「命の危険に直面したことは」と聞いたら

「寒さだ」と真っ直ぐに返ってきたことがある。

体温。体内で発生する熱と体外に放出される熱の関係。

内に秘めた炎、冒険心を灯す情熱。

快適という名の安らぎ、そしてぬくもり。

8000m峰のヒマラヤも、海抜0mの地上も、

停滞は冷えを生み、濡れは数十倍にそれを加速させる。

考えなければならないのはどう暖めるかではない。

冷やさないために何ができるか。

私達は探求し続ける。その熱を保つために。

シェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
THE NORTH FACE
  • 82
  • クレド岡山
  • 〒700-0821
  • 岡山県岡山市中山下1-8-45 NTTクレド岡山ビル 1F
  • TEL:086-212-2535
  • OPEN:10:00〜20:00不定

ザ・ノース・フェイス クレド岡山店では、THE NORTH FACEをはじめ、C3fit、macpac、icebreakerなどのブランドを取り揃えています。アウトドアライフを楽しんでいる方、アウトドアを始めたい方のサポート、またライフスタイルまで幅広いご提案をさせていただいております。 スタッフ一同、皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Instagram account
@tnf_okayama
shop
THE NORTH FACE
クレド岡山
〒700-0821
岡山県岡山市中山下1-8-45 NTTクレド岡山ビル 1F
TEL:086-212-2535
OPEN:10:00〜20:00不定

ザ・ノース・フェイス クレド岡山店では、THE NORTH FACEをはじめ、C3fit、macpac、icebreakerなどのブランドを取り揃えています。アウトドアライフを楽しんでいる方、アウトドアを始めたい方のサポート、またライフスタイルまで幅広いご提案をさせていただいております。 スタッフ一同、皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Instagram account
@tnf_okayama

よく読まれているショップブログ

よく見られているスタイリング

「化繊わた」という選択肢 TOPへ
SCROLL MENU