2018.12.23

レースレポート 〜伊豆トレイルジャーニー2018〜

ザ・ノース・フェイス

昨年に引き続き、スタッフ西村が「伊豆トレイルジャーニー」に参加してきましたので、そのご報告です!

伊豆トレイルジャーニーはその名の通り、伊豆半島を舞台にしたトレイルランニングレース。

総距離71.7km、累積標高差は約4000mと、数字としてはなかなか歯ごたえのあるコースです。コースレイアウトはTNFアスリートの鏑木毅さん!

西村は昨年も参加させていただきましたが、数字から予想されるようなハードな登りは少なく、トレイルも気持ち良く走れるパートが多いコースです。

そして何より景色が最高!・・・ただ例年めちゃくちゃ寒くなるので、装備品はもちろん心も身体も防寒対策必須です。

大会のコンセプトは「新しい伊豆の旅の創造」。選手には大会を通して「bon voyage !(良い旅を!)」の声をかけてもらえます。

それでは旅に出かけることにしましょう!

まずは前日受付のため、スタートの松崎町に向かいます。今回は静岡駅からのフェリーを使ったバスツアーを利用します。

フェリーからは富士山が!

特別室でゆったり伊豆へ向かいます。が、この日は風と波が強くかなりの揺れ。友人はすでに船酔いでグロッキー状態です。

1時間とかからずに土肥に到着。自分は船酔いにはならず、非日常感を楽しむ快適な船旅となりました。

そのままバスを乗り換えることなく、前日受付の会場へ。受付&必携品チェック、説明会が行われます。

この日は風が強く、自分たちの乗ってきたフェリーの後の便は欠航になったとのこと。ホテル前の海岸に立っていると飛ばされそうになります。

明日の大会当日は大丈夫かな・・・

この日の宿の夕食はバイキング形式。海の幸が沢山です!レース前日に生ものは控えた方が良いとはよく言われますが、皆さんガンガン食べてます。トレイルランナーは胃が強い・・・自分は過去にやらかしてるので控えめに。

一夜明けて(厳密には明けてないですが)早朝5時にスタート会場入り。この日のウェアは

【NY81871】ベントリックストレイルジャケット

【NT11887】L/S ハイブリッドエンデューロクルー

【NT61611】L/S パラマウントウールクルー

【NB81875】TNFR スワローテイルロングパンツ

これにレイン上下を持っていきます。結果的にこの日は風も穏やかだったので、保温着になるベントリックスジャケットはスタート直前には脱いで、そのままロングTシャツとロングパンツのまま走りきることができたのですが、あらゆる状況に対応できるように装備は念入りに。

行き帰りをご一緒した山下さん。

優勝候補!河内くん。

毎週レース出ている山崎さん。

昨年は後ろの方からゆっくり行って序盤はかなり渋滞に巻き込まれたので、今回は最前列グループからスタートします。なので周りは早い人ばかり。自分の場違い感・・・

午前6時、松崎新港をスタート!

ロードの登りを数km走ってトレイルに入っていきます。サクサクと追い抜かれていき、自分と速度の合う順位くらいに来たかなぁ、というポジションで走り続けます。

ウォーターエイド 宝蔵院(8km)。水もまだあるし、快適に走れてるので補給無しで通過をします。考えてみれば気温が低いこともあって、第1エイドを過ぎて辛くなってくるまであまり給水を積極的にしていなかったことも反省点です。

次の第1エイド目指してひた走ります。この辺りでちょっと周囲に合わせたペースだと72kmを走りきれるか不安になってきます。

紅葉が綺麗

しばらく林道の下りが続きます。快適に走れる区間なんですが、ここで足を使いすぎてしまうと・・・しかしこの時はそんなことには気づいてもいませんでした。自分の実力より若干早いゾーンにいるだけ、って思ってたんですね。

こがね橋

第1エイド こがね橋(25km)に到着!

昨年は第2エイド仁科峠(43km)までかなりゆっくり行ったので、この大会は快適に走れる気持ちのいいコースと思っていました。しかしながらそれは自分レベルでは余力を持って走った時の話であって、ソコソコのペースの時は「走らされるコース」になる事をこのあと身をもって知ります・・・

今ココ。

5km近く下ってきたあと、2.5kmを登り返し、さらに登りが続きます。

食料を補給しながら坂を上ります。とはいえ時すでに遅し、スタミナ貯金切れとなり、速度が上がりません。

ポジション的には皆さんサブ10(10時間切り)を目指すあたり。緩やかな登りで歩く人はそうそういません。振り絞りながらついていくのですが・・・

短い区間ですが木段の急登が出てきます。

ここで両太ももが攣りそうになります!やってもうた。今まで経験したことのない追い込まれ方です・・・

フカフカの極楽トレイルが地獄に変わった瞬間です。これはまずい。

次の第2エイド 仁科峠(43km)まで行けばなんとかなる、何としてもたどり着こう、と奮い立たせてボチボチと走っていきます。もう歩きたい・・・いやもうところどころ歩いてます。

やっとの思いで仁科峠に到着!天気が良ければこの先に雄大な富士山が見るのですが、今回はお預け。ここから2kmくらい進んで第2エイド 仁科峠(43km)です。

ここを目標にしていた理由、それはUTMFオフィシャルテーピングサポーターでもあるニューハレ芥田さんのゴッドハンド!

めちゃ痛いんですが、足が軽くなり動くようになるゴッドハンドメンテナンス。おかげで後半は攣らずにすみました・・・が、痛い!

ここからは気持ちのいい伊豆山稜線歩道のトレイルが続きます。

去年と違って風もなく穏やか。もちろんそれなりに気温は低いですが、走れていれば半袖でもいけるくらい。

昨年は仁科峠までを温存して8時間で出て、ここからゴールまでをペースを上げて走ったのですが4時間20分かかっています。

今年は6時間で仁科峠アウト。失速したこの足でどこまで走れるか・・・

やってきました木段地獄。去年はどこが地獄?とか思ってましたが、今年はやっぱり地獄。

10時間切りは難しくても最後まで走りきることを目標に頑張ります。

第3エイド 土肥駐車場 (54km)に到着。風が強いと15分と止まってられない場所ですが、今年は穏やか。温かい飲み物が補給のメインメニューになってることからも普段かなり寒いエイドであることが伺えます。ミルクティーが美味しかった!

トレイルのレースでは苦しい時もあるけどいつかは復活する、と言われることがあります。一回潰れかけても休憩・補給したり、誰かに引っ張ってもらったり、我慢してじりじりと進んでいく中で調子が戻ることが多々あります。

と、このあたりから同じくらいのペースで走られている方とご一緒します。

お話を伺うと東京から参戦の太田さん。一緒に走ってるリズムが心地良いので、スピードが上がらないながらも走れるようになってきました。

去年は歩いてしまったロードの登りもゆっくりですが走ることができ、なんとか明るいうちに山はおりれそうです。

修善寺の街に降りて最後の3kmのロードもキロ5分半から5分で走りきって・・・

太田さんと一緒に10時間21分でゴール!!最後まで引っ張ってもらえました。ありがとうございます!

9時間切ってゴールした山崎さんがみんなを待っててくれました。早い良い人。

仁科峠から約4時間20分と昨年とほぼ変わらないタイム。前半突っ込みすぎて失速した割には引っ張ってもらえたおかげでしょうか。走力が上がったと信じたい・・・

続々とランナーが帰ってきます。鏑木さんと写真撮りたかったですが、チャンスがなく・・・

その後は修善寺に一泊してのんびり帰宅。伊豆の旅を満喫させていただきました。

今回のITJ、昨年の経験から完全に油断していました。当たり前ですがペースが上がれば緩やかなコースでもきつくなり、山道で距離が伸びればいつ何が起こってもおかしくない状況になります。レースというある程度ケアされている環境でも当然自己責任で安全を守ることの重要性に気付かされました。山に油断を持ち込んではいけませんね。

また来年も来たいと思わせてくれるレースでした。

みなさんとともに来年も安全に山を楽しめたら良いなと思います。それでは良いお年を。

written by 西村

シェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
THE NORTH FACE
  • 82
  • 浜松佐鳴台
  • 〒432-8021
  • 静岡県浜松市中区佐鳴台3-51-37
  • TEL:053-449-3765
  • OPEN:11:00〜20:00不定

アウトドアアクティビティに出向きやすい緑豊かな郊外に位置し、THE NORTH FACEのアウトドアギア、またライフスタイルにも適したアイテム等様々に展開。静岡県内初となるスレイヤー社製エスプレッソマシンのコーヒーもお楽しみいただけるカフェと融合したショップです。

Instagram account
@tnf_hamamatsu
shop
THE NORTH FACE
浜松佐鳴台
〒432-8021
静岡県浜松市中区佐鳴台3-51-37
TEL:053-449-3765
OPEN:11:00〜20:00不定

アウトドアアクティビティに出向きやすい緑豊かな郊外に位置し、THE NORTH FACEのアウトドアギア、またライフスタイルにも適したアイテム等様々に展開。静岡県内初となるスレイヤー社製エスプレッソマシンのコーヒーもお楽しみいただけるカフェと融合したショップです。

Instagram account
@tnf_hamamatsu

よく読まれているショップブログ

よく見られているスタイリング

レースレポート 〜伊豆トレイルジャーニー2018〜 TOPへ
SCROLL MENU