2019.1.28

【ICEBREAKER FIELD REPORT】icebreaker W 200 OASIS LS CREWE

ザ・ノース・フェイス

「冬の低山ハイク」

icebreaker w 200 OASIS LS CREWE

冬の低山ハイクから雪山でのアクティビティにおすすめのベースレイヤーのご紹介です。

「icebreaker W 200 OASIS LS CREWE」
IXW20180 ¥9,800+税

最も汎用性の高い中厚の定番クルーネックベースレイヤーです。

*200という数値は平米辺りの重さ、目付の数値であり、数値が大きければ大きいほど保温性は高くなります。

製品の特徴
・肩部の縫製がザックのショルダーハーネスとのストレスを軽減

・脇下のガゼットにより、快適な肩、腕回りの仕様

・やや長めの後ろ見頃により、腰部分を広くカバー

・フラットロックシーム仕様

メリノウールの
「着心地のよさ」
=肌がチクチクせず優しい着心地
「高い調温調湿機能」
=冬温かく、夏でも涼しい
「防臭効果」
=天然の抗菌

では、さっそく出かけてみましょう。2019.1.4(金)

東京都八王子市にある高尾山(599m)に、お正月ならではのお茶屋さんやこの季節の風物詩、霜柱の花を楽しみに行ってきました。

最初のピーク(小仏城山/670m)までは一時間ちょっと、初心者には優しい歩きです。
歩き始めは、6℃以下、鼻がツンとしますが、静かな樹林をせっせと歩いて山頂に到着です。


この日は、メリノウールのベースレイヤーの上に速乾性の半袖Tシャツ、歩き始めだけ化繊のフーディ(redpoint very right hoodie/NYW81804)をはおりました。

ほんの少し汗ばむ程度、山頂に着いてまたフーディをはおりましたが、汗冷えもなく、いい感じです。

お正月ならではの賑わい、たくさんのハイカーに混じって名物の「なめこ汁」をいただき、ほっと一息…

気温は10℃前後まで上がりましたが、フーディをしまい、次は霜柱の花を探します。

途中の分岐から少し入った所に!
今年は暖かいのであきらめていましたが、可愛いのをみつけました。

そんな寄り道を繰り返しながら、高尾山に到着。
三角点タッチをして、薬王院で参拝、あとはケーブルカー高尾山駅の近くでもう一つのお正月をいただいて下山しました。
最後の急な坂道はなかなかなものですね。

次はムササビに会いたいものです。その他にもTNF昭島店では、高機能アンダーウェアを多数ご用意しております。
是非一度、店頭までお越しください

シェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
THE NORTH FACE
  • 82
  • 昭島アウトドアヴィレッジ
  • 〒196-0014
  • 東京都昭島市田中町610-4モリパーク アウトドアヴィレッジ
  • TEL:042-519-1980
  • OPEN:平日11:00-20:00/土日祝10:00-20:00(毎週水曜日定休)

Instagram account
@tnf_akishima_outdoorvillage
shop
THE NORTH FACE
昭島アウトドアヴィレッジ
〒196-0014
東京都昭島市田中町610-4モリパーク アウトドアヴィレッジ
TEL:042-519-1980
OPEN:平日11:00-20:00/土日祝10:00-20:00(毎週水曜日定休)

Instagram account
@tnf_akishima_outdoorvillage

よく読まれているショップブログ

よく見られているスタイリング

【ICEBREAKER FIELD REPORT】icebreaker W 200 OASIS LS CREWE TOPへ
SCROLL MENU