2019.2.15

【FIELD REPORT】~清掃トレッキングin京都~

ザ・ノース・フェイス

本日は先日の清掃トレッキングの模様をお届けいたします。

2月13日、関西エリアのスタッフで京都の出町柳から銀閣寺まで徒歩で向かい大文字山を登ってきました。
大文字山は非常に登り易い山で五山の送り火の薪を燃やす場所まで20分弱、山頂までで40分程で到達出来ます。
というわけで出町柳の鴨川デルタから準備体操を終えて清掃トレッキングスタート

ルートは以下の通りです。
出町柳→百万遍(京都大学前)→哲学の道→銀閣寺→大文字山→火床→大文字山山頂

出町柳から百万遍にかけてゴミを探しながら他店のスタッフとの交流を楽しみつつウォーキング。


百万遍から哲学の道、銀閣寺までは京都大学など学生が多くお洒落なカフェや飲食店が多くお腹を空かせながら歩きました。


銀閣寺を正面に左へ進むといよいよ大文字山の入口です。


登山開始は少し傾斜の強い坂でいつも少し湿っているので足を滑らす注意ポイントです。ある程度進むと傾斜も緩やかになるので自然を楽しみながらゆったりあるけます。

暫く進むと道が開け千人塚がみえてきます。
ここまで来ると火床までもう一息。

ここからすぐ火床までは幅の狭い階段が続くのでつまずかない様に注意して下さい。


火床にたどり着くと京都が一望できる絶景が広がっていてここで昼食をとるひとも多大文字山の人気スポットになっております。
ここまでの道は通る人も多く道も綺麗に整備されています。

一休みして火床から山頂にむかいます。
此処から傾斜は強く道もゴツゴツした岩すべり易そうな泥と険しくなります。

昨年の台風の影響で倒れた木々もありますので慎重に足を進めました。

山頂で昼食を取り景色を楽しんだ後THE NORTH FACEのTEK UNDERの勉強会をして頂きました。

自分はベースレイヤーにアイスブレイカーを使用していたのですが勉強会を聞いて各種TEK UNDERを揃えて色々と試してみたくなりました。

下山後は見えにくいですが野生の鹿がお見送りしてくれました

京都の町から大文字山の自然の中までゴミを探し歩きましたが殆どゴミも無く綺麗な道でした。

山に登る人々が自然を大切にしているからこそ綺麗な山道が保たれているんだと感じさせられました。
皆さんも機会があれば是非出かけてみて下さい。

シェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
THE NORTH FACE
  • 82
  • 藤井大丸
  • 〒600-8031
  • 京都府京都市下京区寺町通下ル貞安前之町605藤井大丸 6F
  • TEL:075-211-0016
  • OPEN:10:30〜20:00不定

"カルチャー"と"アウトドアスポーツ"の融合をコンセプトに、最新の高機能ウエアやグッズを豊富に取り揃えています。そのなかでもTHE NORTH FACE PURPLE LABELは、当時のカリフォルニアのムーブメントと現代のハイテク機能をオーバーラップさせた日本限定のコレクションです。当店ではPURPLELABEL(パープルレーベル)を中心に、限られた店舗での展開アイテムを豊富にご紹介します。

Instagram account
@tnf_fujiidaimaru
shop
THE NORTH FACE
藤井大丸
〒600-8031
京都府京都市下京区寺町通下ル貞安前之町605藤井大丸 6F
TEL:075-211-0016
OPEN:10:30〜20:00不定

"カルチャー"と"アウトドアスポーツ"の融合をコンセプトに、最新の高機能ウエアやグッズを豊富に取り揃えています。そのなかでもTHE NORTH FACE PURPLE LABELは、当時のカリフォルニアのムーブメントと現代のハイテク機能をオーバーラップさせた日本限定のコレクションです。当店ではPURPLELABEL(パープルレーベル)を中心に、限られた店舗での展開アイテムを豊富にご紹介します。

Instagram account
@tnf_fujiidaimaru

よく読まれているショップブログ

よく見られているスタイリング

【FIELD REPORT】~清掃トレッキングin京都~ TOPへ
SCROLL MENU