2019.5.28

Cookinng at 飯綱山

ザ・ノース・フェイス

こちらのブログで公開した、飯縄山トレッキングの山頂で作った料理のレシピをご紹介します。

【ミネストローネ】

具だくさんのほっこりスープ。

栄養満点で心も体も温まります。

その他、ビーンズやパスタなどお好みの具材を入れてアレンジしてみてください。

材料(9人分)

・トマトソース 2袋

・水

・キャベツ 4枚

・人参 1/2

・ジャガイモ 1個

・セロリ 1本

・ミニトマト 1パック

・玉ねぎ 1/2

・しめじ 1袋

・ベーコン 200g

・にんにく 1かけ

・バター

・コンソメキューブ 4個

・塩 少々

・コショウ 少々

~山に行く前の下ごしらえ~

それぞれの材料を細かく切り、ジップロックへ。

ジャガイモはあくがでるため2~3分レンジで温め柔らかくしておきます。

みじん切りにした玉ねぎ、にんにく、バターを混ぜ、こちらもレンジ2~3分。

~山頂での調理~

今回は1500mlの鍋を2つ使っての調理です。

鍋にトマトソースを入れ、同じ容量の水を加え火にかけます。

具材を全て入れ、煮込みます。

煮立ったらコンソメを入れ、味を見ながら塩・コショウを入れます。

人参が柔らかくなったら出来あがり!!

【コンビーフのホットサンド】

とろーりチーズとコンビーフが相性抜群なアツアツサンド。

お好みでマヨネーズを混ぜたり、パプリカで甘みを加えても◎

(中の見える写真が無く、すみません・・・

みんなお腹が空いており、がむしゃらに頬張っていたため写真を撮り忘れてしまいました。)

材料(9人分)

・食パン 6枚切り 3袋

・コンビーフ 3缶

・玉ねぎ 1/2

・スライスチーズ 9枚

・バター

・塩

・コショウ

~山に行く前の下ごしらえ~

みじん切りにした玉ねぎにバターを加え、レンジで2~3分温め、冷ましてからジップロックへ。

~山頂での調理~

玉ねぎの袋にコンビーフを入れて、混ぜます。

お好みで塩・コショウを入れ味を調節します。

パンにバター、コンビーフを塗りパンでサンド。

ホットサンドメーカーで焼き、完成。

 

【パワーバー】

登山は想像以上に体力を消耗するスポーツです。

エネルギー切れを起こさないためにも、行動食は登山をする上では必須アイテム。

手軽に食べれて、栄養素の高い行動食を選びましょう。

こちらはお手頃に作れる、オリジナルパワーバーです。

材料 (ノーマル味とチョコ味)

・フルーツグラノーラ 1袋

・ミックスナッツ 1袋

・マシュマロ 2袋

・板チョコ 1枚

・バター(もしくはマーガリン)

 

ナッツは細かく切り、グラノーラと混ぜておきます。

鍋にマシュマロとバターを入れ火にかけます。

(電子レンジでもOK!様子を見ながらかき混ぜて溶かしてください。)

トロトロになるまで溶かしたら、火を止めグラノーラとナッツを入れてマシュマロと絡めます。

(チョコ味は細かくした板チョコをこの時に入れています。)

クッキングシートを敷いたバットに広げ、冷蔵庫で冷やし固めます。

お好みでナッツの分量を増やしたり、メープルシロップを入れてメープル味も◎

水分量の少ないゴーダチーズを入れても良いですね。

レシピには9人分と記載をしましたが欠員がでたため、7人でこの分量を食べみんなお腹いっぱいで大満足の様子でした。

見晴らしの良い山頂で食べる美味しいご飯は格別ですね。

今回ご紹介したレシピはどれも簡単で手軽にできるものなので、山の楽しみの一つにおいしいご飯の計画を加えてみてはいかがでしょうか。

3つのレシピを合わせた材料費は約500円ほどでコストパフォーマンスも高いため、ぜひお試ししてみて下さい。

STAFF:SAKAKI

 

シェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
THE NORTH FACE
  • 82
  • MIDORI 長野
  • 〒380-0823
  • 長野県長野市南千歳一丁目22番地6 MIDORI長野 2F
  • TEL:026-219-6007
  • OPEN:10:00〜20:00不定

Instagram account
@tnf_midori_nagano
shop
THE NORTH FACE
MIDORI 長野
〒380-0823
長野県長野市南千歳一丁目22番地6 MIDORI長野 2F
TEL:026-219-6007
OPEN:10:00〜20:00不定

Instagram account
@tnf_midori_nagano

よく読まれているショップブログ

よく見られているスタイリング

Cookinng at 飯綱山 TOPへ
SCROLL MENU